喉を大切に

 

先日、ある方から、こんなのど飴を奨められました。

 

『音楽大学との共同企画』というのですから、なんだか

よさそうな気がしまして、

 

ちょうどボイストレーニングの日だったので、

ボイストレーナーの先生の分も買って行きました。

 

噂には聞いていました、と師匠。

お互い喉に注意をはらうお仲間であります。

  

日頃心がけていることは、とにかく喉を冷やさないこと。

寝る時は、喉にタオルを巻いて、マスクをして寝ます。

真夏でも、です。これは先生も同じ。

 

そしてうがいも何度もします。

折りたたみコップ、なんていうのも持ち歩いています。

 

こういったのど飴は、少し喉を休めたい時や、外出の電車の中で

口にしています。

 

特にプロポリス入りというのが気に入っています。

天然の抗生物質だとか・・・(本当かな?)

 

でも、どんなに注意をしても、風邪は引いてしまうのです。

 

もし一度そうなってしまったら、じっと治るのを我慢するしかないです。

早く治す、ということに意識を集中させています。

 

声が出る限りは、演奏をします。

申し訳ないことですが、少し鼻声になってしまった、ということもあります。

 

できるだけ毎回、同じクオリティーを目指しておりますし、

そうでありたいです。

 

ハープを弾くための指のケアも怠りません。

指先の状態がそのまま音になってしまうのです。

 

いろんなハンドクリームやオイルを試して、ベストと思われるものを持ち歩いています。

  

 

ずいぶん昔のこと、ある著名なフルート演奏家のワークショップに行った時、

(私はその時、フルートを吹いていました。)

 

質疑応答があって、私は、「演奏を開始して、どうも思ったような音が出ていないと

感じた時、どのようにそれを挽回させたらよいでしょう?」

 

という、わけのわからない質問をしたのでした。(まだ若かったのですね。^^)

 

でも、その先生の答えは、ものすごく納得いくものでした。

それは、今の今までずっと心に残っているのです。

 

「今日はメザシしかない、といったら、ないんです!」

 

とおっしゃるのでした。

 

つまり、夕飯のおかずがメザシしかない時に、ステーキは出せない、

という実に当たり前のことなのですが、

妙にハッとするものがありました。

 

生身の人間なので、体調やメンタル面で、

調子が良い時もあれば、悪い時もあります。

 

悪い時に当たってしまった時、それをなんとか取り繕おうとしたりして、

ジタバタするのは、かえって良くない、ということなのです。

 

メザシだけの夕飯であっても、できるだけ楽しく夕食を食べた方が

よいでしょ? ということでした。

 

 

歌などは特によくわかります。

喉の調子が悪かったりすると、音の延びが悪かったり、トーンが明るくなかったり、

本人には痛いほどわかりながらも、続けなければなりません。

 

でも、そこばかりに気を取られないで、今持てるものを精一杯出せるように、

音楽の中に喜びがあるように、気持ちを向けた方が、絶対によいのです。

 

反省はまた後ですればよいのです。

その演奏家の言われたことは、全てに通じることでありました。

 

やれる限りの最善を尽くしたら、後は身を委せて前を向くのがよいのでしょう。

 

久しぶりにこんなことを思い出していました。

季節がよくなった今、油断しないように体調管理をしたいと思います。

 

 

 
0 コメント

ハープを運ぶために

現在、私はハープを4台持っておりますが、

 

遠方へ行く時のために、このような小型のハープを

二台持っています。(ご自宅でのコンサートなど、

比較的狭いスペースでもこちらを使います。)

 

木の素材が違うのと、弦の太さが違うので、

全く違ったタイプの音質を持っています。

 

音響を通す時は、右側のイヴという楽器を、

アコースティックな音でいきたい時には、

左側のブリタニーという楽器を使います。

 

アイルランドへは、お友達からイヴ用の運搬

ケース(手作り!)を譲っていただいて、

  

                          

イヴを持って出かけました。

 

先日、飛行機で沖縄へ行った時も、音響を使う予定だったので、

同じケースにイヴを入れて行きました。

 

今月は、四国の方へ行くのですが、音響を使わず生音のところもあり、

ブリタニーを持って行きたいと思っておりましたが、

飛行機に乗せるためのケースがありませんでした。

 

イヴはスマートですが、ブリタニーはずんぐりむっくりで、

同じケースには入らないのです。

 

アイリッシュハープというのは、一つ一つ、形や大きさが制作者によって

違うので、ソフトケースもそれぞれに一つずつあります。

 

そのソフトケースだけでも場所を取るので、

収納に頭が痛いところにきて・・・

 

 

ブリタニー用の航空運搬ケースを作りました!

(正確にいうと、私はロゴを書いただけですが。)

 

お手本のイヴ用のケース(後方の白い箱)を参考に

させていただいて、ほとんど大工さん作業のような

感じです。

 

でもお手本が素晴らしいので、とてもスムーズで!

 

ソフトケースに入れたハープが5キロ、さらにこの

ケースに入れると、10キロになります。

 

そして、スーツケースが20キロ、合わせて

30キロの荷物と共に、

またまた出かける予定です。

 

ちなみに、これらのハープに付いている名前は、いわゆる商品名です。

 

味気ない番号のようなものが付いているハープもありますが、

このように、意味ある名前が付けられているものもあります。

 

イヴというのは、制作者の奥様の名前だそうです。いいですね♡

 

ブリタニーというのは、フランス北西部の地域の名称で、

ケルト諸国に入ります。

 

ケルトというとアイルランドばかりを想像しますが、広い分布になっていて、

フランスの方にまで及びます。

 

ブリタニーというハープは、タフでどちらかというと男性的です。

弦の張りも強く、腱鞘炎になるからとても弾けない、という方も多いです。

 

私は最初に買ったのが、このブリタニーなので、

弦の張りの強さに違和感はなかったのですが、

確かに扱いにくい、非常にクセのあるハープでした。

 

最近になって、ようやくこのハープの良さがわかってきたくらいで、

忍耐と時間を必要としたハープです。

 

弦が太いせいか、滅多に切れることがなく、

これからの湿気が出て来る季節に強いのが、ブリタニーです。

 

というわけで、今度はこのハープと旅をします。

 

いろいろなハープと空を飛んで、未知な場所へ行けることを幸いに思い、

また楽しみに出かけて行きたいと思います。

 

0 コメント

ケルトの笛

ずっと取り入れたいと思っていた楽器をついに買ったのでした。

 

それは、アイリッシュ・ティンホイッスルという

ケルト音楽に欠かせない笛です。

 

笛系としては、以前長くフルートを吹いていましたので、

さほど問題はなく、

 

それに、音を出すことに関しては、フルートよりも

はるかに簡単なものでした。

 

どちらかというと、ケルト的なセンスを問われる

楽器のように思います。

そういう意味では、決して簡単とはいえないです。

 

これまで自分のコンサートでは、ちょこっと「コカリナ」

という笛を入れることがありました。

 

 

もちろん吹きながらハープを弾くことはできませんが、

前奏として吹いて、ハープに引き継ぐことを

しておりました。

 

コカリナは楽器に紐が付いていて、首にかけられるので、

吹き終わったら、すぐハープに取りかかるという

メリットがありました。

 

ですが、ものすごくピッチ(音程)が不安定なのが気になって、

最近は出番がなかったです。

 

でも、やはり笛があると、アクセントになるので、

ホイッスルもそのうち、と、ずっと思いの中にありました。

 

数年前に、アメリカ旅行でお土産として買ったティン・ホイッスルは

手元にあるのですが、

 

ほぼおもちゃなので、音がスカスカなのです。

そうではなく、ちゃんと演奏できるものが欲しく思いました。

 

そんな中、ネットで、世界の民族楽器を扱っているお店を見つけ、

眺めているうちに注文。

 

すぐに来まして、実際吹いてみたのですが、

これは楽しい! いかにもアイリッシュなのでした。

 

それに、何とも言えない哀愁感があり、

すっかり気に入りました。

 

今週末に、愛媛県へ参ります。

そちらで5回ほど、コンサートが予定されていまして、

(そのほとんどがクローズド、関係者のみのコンサートではありますが。)

 

早速、そのうちの何回かに、使ってみたいと思っています。

 

ケルトの風を送れたら・・・・そんな気分でおります。

 

0 コメント

四国、松山にて(その1)

 

5月23日(金)、羽田から松山へと参りました。

こちらに4日間滞在して、コンサートをしていきます。

 

飛行機に乗ってしまうと、1時間と少しで着きます。

むしろ、家から羽田への方が時間がかかったりして。

 

四国は初めてということもあって、とても楽しみにして

おりました。自然に満ちた、よい所ですね。

 

海も山も両方が近くにあるのって、

とても羨ましいです。

 

 

松山空港から30分ぐらいのところにある、

M様のお宅に滞在させていただきました。

 

暖炉のあるログハウス風です。

お庭にはいろいろなハーブなどもあって、

いい香り。

 

裏には小川が流れている音がして、

ご趣味で養蜂もなさっているのです。

(そのハチミツの美味しかったこと!)

 

なんだかとても癒されるところです。

 

 

 

 

着いたばかりではありましたが、おうちカフェもなさって

いるこちらのお宅で、お近くの方を招いての

ミニコンサートをいたしました。

 

吹き抜けになっている広いリビングは、

音の響きがとても良いです。

こんなところで毎日練習できたらいいですね。

 

 

 

 

ご近所、といっても、住宅が密集していないので、

なんとなくライフスタイルが欧米の雰囲気を感じました。

 

夕方のひと時をお集りくださり、

アイリッシュハープの音を楽しんでいただきました。

 

小学生のお子さんたちも来てくださり、

皆さん興味津々でした。

 

あんまり子供向けの曲は用意していかなかったので、

申し訳なかったです。

 

でも、千と千尋の神隠しの「いつも何度でも」は

知っていたかな。

 

そうそう、先日手に入れたケルトの笛も

本邦初のお出ましでした。

 

 

 

そして、これは後からですが、皆さんから、

こんな素敵な手作りのカードをいただき、

大切に持ち帰りました。

 

みんなありがとうね!

 

続きを読む 0 コメント

四国、松山にて(その2)

 

5月24日(土)

快晴! 気持ちの良い朝でした。

目覚ましのアラームよりかなり前に目が覚めたので、

付近をお散歩して、海を眺めました。

 

新緑の季節、本当に目に麗しいです。

良い季節に来させていただいたことを思います。

 

M様宅にて、手作りの焼きたてパンをいただき、

本日の2回の公演に備えます。

 

松山駅近く、市の中心街にある、松山協同キリスト教会

へやってまいりました。

 

落ち着いた佇まいの教会です。

礼拝堂は天上が高く、響きもとてもよいのです。

 

こちらでのコンサートは、割合急に決まったことも

あって、そんなにお客さんはお見えにならないかな、

と思っていたのですが、

 

70〜80人ぐらいの方が来てくださったとのこと、

とても嬉しかったです。

 

 

中にはアメリカから旅行中の学生さんもいらして、

楽しんでくださったご様子でした。

 

ケルト民謡から始め、讃美歌、オリジナル曲へと進みます。

 

私自身がクリスチャンですので、教会という場所はホームグラウンド、

聖書のことばにちなんだ曲も演奏いたします。

 

聖書と聞くと、なんだか堅苦しいように思われますが、意外に普通で、

生活と密着していることが多いので、初めて教会にいらっしゃる方にも、

そんな教会音楽を楽しんでいただけると思っております。

 

そして、何よりも西洋音楽のルーツは、教会ですから!

 

また、コンサートでは、紙芝居を見ているようなストーリー性を

持ちたいという思いがあって、休憩は入れずに通します。

 

今回もその1時間のあいだ、音楽とストーリーをとおして、

皆様と対話することができたように感じました。

 

そこには、穏やかに流れる時間の経過があり、会場が一つと

なっていたことを思いました。

 

コンサートの司会には、牧師の政所先生がお受け

くださり、旧約聖書から竪琴の名手だったダビデの

お話をしてくださいました。

 

政所先生は発音においてもはっきりなさっていて、

聞き取りやすく、とても勉強になりました。

また、いろいろなご準備をありがとうございます。

 

教会の皆様に大変歓迎していただいて、

本当に嬉しく思いました。

(次のステージがあるので、足早に去りまして、

スミマセン!)

 

また最終日にもう一度、こちらに参ります。

 

 

そして、軽くお昼を取りまして、次の会場へ。

 

今回の演奏旅行を全てアレンジしてくださった、

K子さんのお母様(101歳)がいらっしゃる、

道後のベテルホームへ参りました。

 

コンサートの前にお母様のお部屋を訪ねましたら、

「遠くからよく来てくださったねぇ〜。100まで

生きていてよかったわ。」と。^^)

 

嬉しいお言葉です。私もお会いできて、本当に嬉しく

思いました。訪問を兼ねて、こちらでコンサートを

させていただきました。

 

 

たくさんの方が来てくださり、こちらでは日本の歌を

中心に演奏しました。

 

ティンホイッスル(ケルトの笛)で「蛍の光」を吹い

た時には、皆さんが歌い出してくださり、これぞ言葉

を超えた意思疎通というもの、何の説明もいりません。

 

それとやはり、「赤とんぼ」は偉大なる郷愁の歌。

どの方も口ずさみたくなるようです。

 

楽しんでいただけたので、本当に来てよかったです。

皆さん、お元気で!

名残惜しく、ベテルホームを後にしました。

 

衣装のまま道後温泉街へ、K子さんと。
衣装のまま道後温泉街へ、K子さんと。

 

本日の2公演、無事終えて、ベテルホーム近くの道後

温泉界隈をご案内くださいました。

 

由緒ある温泉なのですね。観光客もたくさんです。

 

最初、温泉へご案内くださるとのことだったのです

が、いえいえ、コンサートツアー中に温泉に入って

しまったら、集中が途切れてしまうので、

せっかくでしたが・・・。

 

お気持ちを感謝し、街を散策させていただきました。

松山に来た〜という感じです。

続きを読む 0 コメント

四国、松山にて(その3)

5月25日(日)、本日も清々しい朝でした。

 

今朝も早々と目が覚め、海外旅行と同じ、早朝覚醒モードです。

まぁ、やることはたくさんあるので、寝坊するよりはよいですね。

 

午前中は、昨日コンサートをした、松山協同キリスト教会の礼拝へ

K子さんと共に出席いたしました。

 

厳かな礼拝です。

オルガンの音が高い天井まで、とてもよく響いていました。

 

礼拝後、フレンドリーな皆様に話しかけていただき、

少し歓談いたしましたが、

 

本日も時間がなく、足早に出なければならなく・・・

また明日、コンサートで参ります!

 

 

そこから歩いて少しの、コムズ松山という、コミュニ

ティーセンターで、午後から演奏がありました。

 

「えひめ尊厳死を考える会」というところに呼んで

いただき、お医者様の講演会の中でのハープの演奏

でした。

 

尊厳死について、正直言いまして、今まで考えた

ことはなく、安楽死と同義語のように思っており

ました。

 

意味のない延命治療をして、わずかに寿命が延びたと

しても、かえって苦しんだりする・・・

 

それでも現代の医学によって生かされる。

 

管に繋がれている命、そこに人間としての尊厳は

あるのだろうか?

 

従来の医療というものを再考しよう、というのが

尊厳死協会でなされている働きです。

 

まだまだ日本では認知度が低く、患者本人のみならず

家族に理解を得るのが難しいことなのだそうです。

 

そこで登場なさったのが、こちらの先生です。

長尾和宏先生という、兵庫県尼崎市で病院をなさっていて、

 

よくマスコミ関係に出ておられるので、有名なお医者様です。

先生のファンもいらっしゃるようで、たくさんの方がお集りに

なりました。

 

私もどこかで見たことがあるような・・・

最近新聞で見たことがありました! そして著書などを

思い出しました。

 

「抗がん剤のやめどき」という本など、これまでの医学を

覆すような様々な本をたくさん出していらっしゃるのですね。

 

とてもハツラツとして、お元気そうな先生でした。

 

 

講演会終了後。お疲れ様です。
講演会終了後。お疲れ様です。

私は、講演の前に、和やかな雰囲気作りを、と

30分ほどのミニコンサートをさせて頂きました。

 

想像と違って、意外にお若い方もお見えでした。

 

会の内容、雰囲気を探りつつプログラムを組み立て

ますが、今回は、少し年齢層を上げ過ぎた、

というのが反省点です。

 

こればかりは蓋を開けてみないとわかりませんし、

始まってみて、ようやくわかる空気感であります。

 

『尊厳死』という重たいテーマであるにも関わらず、

聴衆の皆様からは、とても積極的で、前向きな空気を

感じました。その点がとても意外でした。

 

 

約2時間後、会は無事に終わり、タクシーに飛び乗る寸前の長尾先生と、

尊厳死を考える会の会長、上田先生と記念撮影でした。

 

会のスタッフの皆様は、全てボランティアで

なされているそうです。皆様、一日ご苦労さまでした。

 

でも、たくさんの方が来てくださってよかったです!

 

K子さん、KIKI、J子さん
K子さん、KIKI、J子さん

今日は夏のような暑い一日でした。

夕方、海の近くのレストランで夕食を頂きました。

 

初めて近くで見る松山の海です。

きれいですね。やっぱり千葉とは違いますな。

 

本当にいい所です。別荘があったらいいな、と

思います。

 

今度はゆっくり旅行で来て、四国を車で回れたら

よいですね。

 

滞在もあと一日となりました。

 

 

0 コメント

四国、松山にて(その4)

5月26日(月)、本日は、雨模様です。

少し蒸し暑く、梅雨のような感じでした。

 

今日の夕方にはここ松山を発ちます。

こちらでの最終日となりました。

 

この猫ちゃんは、M様宅の飼い猫の「もっちゃん」。

 

私が泊めさせていただいたお部屋の窓辺で

外を眺めるのが好きだったようですが、

 

私が占領してしまったので、悪かったです。^^));;

大丈夫、もう少しですからね。

 

土曜日にもコンサートをいたしました、松山協同

キリスト教会で二回目のコンサートでした。

 

本日は、平日ということもあり、女性の集まりです。

落ち着いたムードの中、土曜日とはまた違う内容で、

プログラムを作りました。

 

この日、どうしても歌いたかったものは、

 

・Be Thou My Vision(古いアイルランドの讃美歌)

・As it is in Heaven(私のオリジナル曲)

 

でありました。

 

これらは、昨年私がアイルランドに旅行した時に、

深く関連して、それ以来歌っている曲です。

 

そのエピソードと共に、皆さんにもアイルランド〜イギリス

へ旅をしていただこう、というのがテーマでした。

 

 

教会のコンサートへは、2回とも来てくださった方が

何人かいらして、大変嬉しく思いました。

 

本当に皆様、ありがとうございました。

ここ松山へ来ることができて、大変感謝です。

 

たくさんの方にお会いでき、話させていただき、

とても充実していた数日間でした。

 

(本日のお昼のサンドイッチもご馳走さまでした!)

 

 

教会を後にして、飛行機までの時間、松山城へご案内

くださいました。

 

生憎の雨、それもかなり強かったです。

ロープウェイに乗って、少し上の方へ行きます。

 

本当でしたら、松山の市内が一望できるのですが、

このお天気でしたので、靄がかかっていました。

 

本当に雨が強く、カメラ操作も難しく、写真は

これだけです。

 

お茶屋さんで雨宿りしながら、この旅を回想しました。

 

今回5回のコンサートを続けるにあたって、とにかく元気でなければ

できないことを一番よくわかっていました。

 

そして、お陰様で大変健康であったことは、何よりでした。

 

スケジュール調整から、現場でもマネージャーをしてくださったK子さん、

美味しいお料理を作ってくださったJ子さん、

運転と音響チェックを全てしてくださったTさん、

 

4人チームで最後まで過ごさせていただきました。

皆様のお陰です。

本当にありがとうございました!!

 

0 コメント