オープニング・キャロル

 

やって来ました、クリスマスシーズンです。

早い所では、11月の終わり頃からコンサートを

しに行っております。

 

いろんな所でそれぞれに美しいツリーを拝見できるので、

我が家ではいつの頃からか、クリスマスのオーナメントを

飾らなくなりました。まぁ、忙しいことも手伝って。

 

今年はどんな風に(どんな曲で)始めようかな、と

クリスマス準備期間中に考えるのですが、

 

オープニングを飾る曲を選ぶのは、とても時間をかけて、

そして楽しみつつやっております。

 

それは、最初の曲がコンサート全体を表すぐらいの意味を

持っていると思うからなのです。

 

 昨年は、"O Sing a Song of Bethlehem"という、

アイルランドのクリスマスキャロルを

ハープと歌にアレンジして、オープニング曲にしました。

 

そして、今年は、"Wexford Carol"という、

やはりアイルランドの古いキャロルを用意しました。

 

実はこの曲、3年ぐらい前から、この時期になると練習していたのですが、

現実に歌うことはありませんでした。


そして時が満ちて、今年は秋にこの歌のレッスンを

アイルランドで受けることができたので、

再び引っぱり出して来ました。

 

歌詞はとてもシンプル、クリスマスそのままなのです。

 

♪皆さん、クリスマスのこの季節に、

 大切なことを考えてみましょう。

 神はそのひとり子を私たちの世に送られました。♪

 

から始まって、羊飼いが天使に導かれて、馬小屋へみどり子を見に行く、

など、クリスマス物語が歌になっています。

 

旋律も美しいのです。

本当は最近始めました『音楽だより』で、皆様へのクリスマスプレゼントとして

動画を載せて紹介したいのですが、ちょっと時間がなく、また機会をみております。

 

なので、今日はWexford Carolのお話は置いておいて、

クリスマスキャロルのことを書きたいと思います。

 

クリスマスキャロルは、主にヨーロッパで生まれています。

13世紀頃からあって、その頃は、クリスマスに限定せず、

収穫を祝ったり、世俗的な歌でもありました。

 

16世紀に宗教改革があり、そういった世俗的な歌としてのキャロルは

歌われなくなったようですが、19世紀頃に、また新たに歌詞が付けられて、

クリスマスの時期に歌われるようになったそうです。

 

従って、メロディーは作曲者もわからないくらい古く、歌詞は割合新しい

(といっても19世紀ですが)というものが多いようです。

 

広い意味では、讃美歌でなくとも、『赤い鼻のトナカイ』なども

キャロルに含まれているなど、アバウトさがあります。


日本では、11月から約二ヶ月間、街でBGMとして流されていますね。

鈴の音などを聞くと、そりを連想して、

なんとなく楽しい雰囲気になること、間違いなしです。

 

今年もそんなワクワクをお届けしたいと思います。

 

2014年もあとわずかとなりました。

最後までがんばります。


2 コメント

風邪から遠ざかるために

急に寒くなりましたね。

いよいよ冬が来ました!という感じです。

 

そして、この季節になると、いかに風邪をひかないか、

ということが自分自身のテーマになってきます。

 

これまでもそんなことを、ワンシーズンに一回は

書いているような気がしますが、ついつい研究してしまいます。

 

それもなんだか楽しくて、趣味みたいになりつつあります。^0^

 

歌手というのは、皆さん健康オタクだそうです。

(この場合の"歌手"とは、オペラなどの声楽家の方を意味

しております。)

 

私はオペラの発声はしないのですが、やはり喉は

使いますので、声と体調管理には余念がありません。

 

 

そして今年は、風邪予防のスープを毎日作って飲んでいるので、

お陰様で全体的に調子が良いのです。

 

といいましても、まだ冬も始まったばかりなので、

その成果はこれからと思いますが、

 

歌手のお友達にレシピをリクエストされたので、

こちらに公開したいと思います。

期待できそう♫と思われたら、是非作ってみてください。

 

 

  〜KIKI実践、風邪予防スープ2014年〜

 

ちょっと下準備がいりますが、

ストックしておけば簡単にできる、野菜スープです。

それを私は、一日2回いただいていております。

 

まず、基本スープを作るのですが、

それは ”野菜くず” がエキスになっています。(←ここがポイントです。)

 

捨ててしまうような部分、へたですとか、根っこですとか、皮ですとか、

それをきれいに洗って、ジップロックなどの袋に入れて、冷蔵庫にストックします。

 

野菜は基本的になんでも良いのです。

ただし、必ず5種類以上の野菜のくずを集めます。

分量は両手いっぱいぐらい、です。

 

トマトのへた、ネギの根っこや青い部分、しょうがの皮、たまねぎの茶色い薄皮、

にんにくの薄皮、りんごの皮、種の部分、ピーマンの種、きのこの柄、

ブロッコリーの硬いところ、セロリの食べないところ、などなど。

 

2回ぐらい何かお料理を作れば、すぐ溜まる分量です。

当然今まで全部捨てていたのですが、

実はそこに一番栄養素があったことを知りました。

 

そのストックした野菜くずをお鍋に入れて、

水1300ccぐらいと、料理酒大さじ1杯程度を加えてから火にかけ、

沸騰させて、その後30分ぐらい弱火で煮ます。

 

この30分間は放っておいてよいので、発声練習などができますよ。

灰汁などはいっさい取りません。

 

それをザルで漉して、透明なスープを作ります。(これを『ベジブロス』といいます。)

この基本スープが、免疫力を高める"ファイトケミカル"というものを

含むそうです。

 

これを耐熱瓶などに入れて、冷蔵庫に常備します。(一週間以内に使い切ります。)

 

あとは、このスープを利用して、お好きな野菜をいれて煮て、

味付けはお塩やお醤油のみで、美味しい野菜スープが出来上がります。

(お味噌汁にしてもよいのです。)

 

中華風にしたい場合、洋風にしたい場合など、

市販の鶏ガラスープやブイヨンを入れたとしても、ほんの少量でOKです。

本来の野菜の風味だけで十分美味しいのです。


そしてここからが次のステップなのですが、

さらに風邪を予防するためのベストな具は、

人参、玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、この4つだそうです。

 

ファイトケミカル入りの基本スープに、この4種類の野菜を入れたスープを

一日2回、お食事の時に食べると、最強の風邪予防になります。(たぶん)

 

ただし、毎回同じ具では飽きますので、適当に他のものを加えたり、

トマトを入れてミネストローネ風にしたり、


豚バラ肉を入れて中華風にしたり、あるいはカレー味にしたりと、

工夫されるとよいと思います。

 

是非お試しください。

余談ですが、ダイエットにも効果ありだそうですよ!

 

本当にこれで風邪を引かなくなるとよいな〜という、KIKIのお料理講座でした。

 

*参考文献:日経おとなのOFF 2014年12月号より

       「老けないスープ」高橋弘氏

       「黄金のスープBOOK」タカコナカムラ氏

      

 

0 コメント

美味しいものはどこから?

前から気になっていた本を手に入れました。

ヨーロッパの修道院での食の歴史を紹介した本です。

 

修道院というと、清貧で粗食の生活を想像しますが、

(もちろんそういう側面もあると思いますが)

 

お食事自体はとても大切にしていて、

神から与えられた良きものを、人間は最大限に努力して、

 

さらに良い(美味しい)ものにしようという

精神があったようです。

 

 

知らなかったのですが、チーズやワイン、シャンパン、

チョコレートなどなど、ヨーロッパの修道院で生まれたそうなのです。

 

アルコールに関しては、血の巡りをよくするための薬用酒として

食事の折に取り入れられていたようです。

もちろん酔うことは、勧めていません。

 

また、中世の修道院の院長は、神学者、医師、天文学者を兼ねていて、

さらには卓越した語学力もあったので、

 

ラテン語やギリシア語の料理の手引書などを研究し、

ありとあらゆる知識をめぐらせて、後世にも遺る素晴らしい食物を

作ることができたそうなのです。

 

そして、ハーブ園からは治療のための薬草や

オードトワレを作り、

ぶどう畑をワイナリーにして、

池には魚を養殖し、

牛を飼いチーズを作り、

蜂を飼いハチミツを作り・・・

 

完璧な自給自足を保っていたそうです。

しかもそれが美味しいのでしたら、毎日が楽しくなりますね。

 

フランスやイタリア、スペインなど、修道院が多くある国(カトリック)は

食文化が高いことがわかります。

 

アイルランドもカトリックなので、旅行していて美味しいものに当たることが

多かったです。

 

決して贅沢ではなく、一手間かけて美味しく、

見目にも麗しく、そんな思いが人々に浸透しているのでしょう。

 

生活の楽しみ方を昔のヨーロッパの人は知っていたのですね。

ささやかな楽しみが日々にあると、健康にも良さそうです。

 

ある音楽家の方が言っていましたが、

その方は練習の合間にケーキを焼くのだそうです。

 

焼いている数十分の間、美味しそうな香りを楽しみながら練習すると、

わくわくして練習できると。

 

私も今日、ハープの練習中にいちじくのケーキを焼きました。

確かに確かに・・・

 

シナモンといちじくの甘い香りを楽しみながら弾くクリスマスキャロルは、

格別でした。

           ♫♪🎶

0 コメント

思い出に残りますように

 

先日は、定期的に呼んでいただいている施設

にて、クリスマスコンサートをして参りました。

 

こちらは結構長くなりますので、皆さんとは

お顔馴染みです。

 

唯一、本名で演奏しているところです。

というか、その頃の名刺には本名を先に、

そして括弧書きで(KIKI)と書いておりました。

 

ですので、私のことは本名でご紹介くださり、

ここには写っていないのですが、ボードを

手作りしてくださっていて、


 

 

「アイリッシュハープ演奏 ◯◯先生」と、

恐縮なことに『先生』まで付けて書いてくださっているのです。


今からKIKIに訂正すると、多大なるご迷惑をかけるので、

ずっとそのままにしているのですが・・・

 

あまり先生らしくなくて、申し訳ない限りです。

襟を正し、慎んで演奏させていただくことにしています。


その日はメドレーにして、讃美歌をいくつか演奏させていただきました。

讃美歌もクリスマスキャロルという分類になりますが、

 

キャロルとは少し違った、世俗的ではないものとして、皆さんもお受けくださり、

しんみりと聞いてくださいます。

 

クリスマスコンサートでは、「楽しい」と「しんみり」が入り交じるよう

プログラムを組むことにしています。

 

そして、今年の最後は、「きよしこの夜」を一緒に歌っていただいて、

閉じることにしました。

 

終わってから、お二人の方が、子供の頃教会へ行っていたとおっしゃいました。

その時のことを思い出しました、と。

 

お一人の方は、たった今のことを忘れてしまう認知症の方でした。

でも、メロディーが遠い記憶を呼び戻してくれるのですね。

すごいことだと思いました。

 

きっと楽しかった思い出があったのでしょう。

その方のお顔がぱっと明るくなりました。

 

もう一人の方は、その教会へはお友達に誘われて行っていたので、

今日はその人のことを何十年ぶりかで思い出していました、と

涙ぐんでおられました。

 

そして私が片付けている間も、ずっとその場所から去らずに、

思い出に浸っておられました。

 

眼差しは遠い遠い、過去へと思いを馳せていることが

伺えました。

 

こういう時間を提供できた時、本当にこの仕事をさせていただいていることを

嬉しく、感謝に思います。

 

イベントとしてのクリスマスのほんの一コマを

こうした「しんみり」にできることが、自分の役目であることを思うのでした。

 

24日のイヴのコンサートで、今年は最後になります。

その後に、私も、しんみりと今年を振り返ろうと思っています。

 

0 コメント

イヴ、そして今年の弾き納め

穏やかなお天気のクリスマスイヴとなりました。

今日は群馬県高崎市へと向かいまして、


ウッディータウン高崎南さんにて、クリスマス

コンサートをさせていただきました。


高崎線に乗るのは始めてです。

のどかな風景、そして、お天気がよいので

赤城山、榛名山、浅間山が見えます。


うっすら白く雪化粧、ふだんは山からの風が

ぴゅーぴゅーで、とても寒いそうです。

(タクシーの運転手さん談)


こちらにご入居の皆様のために、本日はクリスマス会が

用意されていました。

 

ビンゴゲームやクリスマスケーキなど、お楽しみが盛りだくさんのようです。

 

そして、こんな素敵なポスターを作って、準備して

くださっていました。

 

会場にはグランドピアノもあって、いろいろなコンサートが

定期的に開かれている様でした。

 

そして、私のホームページをご覧になった担当者様から

今回のクリスマスにと、ご連絡をいただいたのでした。

 

ハープのコンサートを聴く機会はこれまでになかったそうで、

喜ばれるのでは、とネットで探してくださったそうです。

 

こうして巡り会えてよかったです。

会場には本当にたくさんの方がお集りくださいました。


広いのでマイクを使ってのセッティングです。

床がフローリングなので、とても響きがよいです。

 

クリスマスキャロルや讃美歌を中心に、

そして皆さんにも一緒に歌っていただいたりの

コンサートにしました。

 

そして今回は、スコットランド民謡の"The Water is Wide"を入れてみました。

 

元々私の弾き語りのレパートリーですが、ご年配の方にはあまり馴染みがなかったので、これまでは

こういった場所ではプログラムに入れておりませんでした。

 

 

でも今、NHKの朝の連ドラでやっている「マッサン」の中で歌われているそうで、

やっと一般的になってきたようです。

 

今回は日本語の歌詞も付けて歌いました。

今年もいろいろなクリスマスツリーを拝見させていただきました。

それぞれに特徴があって、これが12月のコンサートの

楽しみでもあります。


帰りはもう夕方になっていたのですが、駅でクリスマスケーキや

チキンが売られていました。

 

なんとなく皆さん急いで家路についているようです。

(座れましたけれど、電車がとても混んでいました!)

 

乗っている時間は少し長いですが、乗り換えが少なくてとても楽。物思いにふけりながら、電車の小旅行を楽しみました。

雨や雪も降らず、本当にラッキーです。

 

ウッディータウンの皆様、お楽しみいただけましたでしょうか?

良い一日を過ごしていただけたら、幸いです。

私にとっても、本当によいクリスマスイヴでした。

 

職員の皆様、ご準備をご苦労様でした。メリークリスマス!


0 コメント

音楽と演劇のコラボレーション

今年もいろいろな方のライブに行きました。

 

そして今年最後に観ましたのは、青山円形劇場にて、演劇と

音楽がコラボされた、『アラカルト』というお芝居でした。

 

この中の音楽は、劇伴という意味以上に、コンサートの要素が

あって、演劇と音楽が対等の関係にあるのです。

 

クリスマスの時期に25年続いたエンターティメントですが、

今年がラストということで、惜しまれつつ幕を閉じました。

 

私もここ15年ぐらいで、4回ほど観に行っております。

 

コメディーあり、しんみりとする部分あり、

そして、音楽もお洒落な作りになっています。

 

いろんなジャンルの音楽を聴くことで、いつもとても勉強になっています。

そして、こういうお芝居は、出演者の呼吸で成り立っているような感じがします。

 

音楽だけでなく、すべてがアンサンブルなのですね。

そして最初から最後まで、リズムがきちっと保たれているのでした。

 

世相なども入り、内容もとてもホットです。

いつもワクワクと観させて(聴かせて)いただいています。


バイオリニストの中西俊博さんと。

楽屋を訪ねさせていただきました。

 

この方のバイオリンは、本当に楽しいです。

饒舌というのでしょうか。

 

ボキャブラリー(語彙)が多いので、表現の幅が

とても広いのです。

引き出しが多いのですね。

 

ヴァイオリンはクラシックだけでない、という

道を切り拓いた方、草分け的な存在です。


情景から音楽を作り出すことに長けていらっしゃいます。


こちらはテレビでもご活躍の、主演の高泉淳子さんです。

 

小柄でお奇麗な方ですが、少年からおばあちゃん役まで幅広く演じて、本当にそのように見えてしまうのが不思議、すごいです。

 

お歌(ジャズ)も歌われますが、ハスキーなお声

なので、とても雰囲気があります。

 

今回のお芝居の脚本も高泉さん、マルチな才能を

お持ちで羨ましいです。

 

エネルギッシュに走り続けておられて、

いろんなアイディアが詰まった方です。

 


青山円形劇場のある『子供の城』のシンボル、故岡本太郎氏作の

オブジェです。

 

子供の城は東京都の施設ですが、来年の一月には取り壊される

ということで、アラカルトも今回でラストとなりました。

 

劇場が円形というのは、どの席に座ってもあまりハズレが

ないので、少人数の出演者での演劇にはとても良いのです。


ライブには一体感が必要ですし、それを聴衆と出演者が

互いに感じられるような、よいステージなのでした。

 

最後はスタンディングオベーション、本当に素晴らしかった

です。25年間続けるって大変なことだと思います。

ご苦労さまでした!

 

きっとまた別の場所で再会できそうな気がしました。

 

0 コメント

新しい年を迎えるために

毎年とても悩みます、翌年のための手帳。

来年はピーターラビット(左)にしました。

 

右は今年使ったリバティー柄です。

小さいので軽くてよかったのですが、いつも

バッグの中で行方不明、存在感が薄かったのです。

 

来年は少し大きめ、文庫本が一冊分ぐらいなので、

バッグがちょっと重く感じられます。

 

まだ真っ白なスケジュールに、これから埋まって

いくのが楽しみです。

 

今年は、遠方へ行く機会が例年になく多かった

です。

 

那覇や松山へ、そして、日帰りでも片道3時間ぐらいのところへの小旅行など、

 

飛行機や長距離の電車の中で、コンサートをシミュレーションしながら過ごす時間は、

気持ちをコントロールする上で貴重でした。

 

そしてどのコンサートの時もとても体調よく、ベストな状態で臨めたことは、

本当に感謝なことと思っています。

 

たくさんの荷物とともに出かけるには、体力が必要で、100%元気でないと

演奏に影響してしまいます。

いつも大変元気だったことは、本当に助けだと思っています。

 

そしてお天気が悪い日も、私の記憶では一回だけだったような気がします。

傘を持っての移動は大変なので、それも大助かりなのでした。

 

コンサートではたくさんの方にお目にかかれて、お話しできて、とても幸せでした。

また来年の機会が楽しみです。


さて、もう数日で今年が終わろうとしています。

 

今年自分で編曲した数曲をまだ譜面にしていなくて、未だ頭の中にあったので、

忘れないうちに譜面に起こす作業などをしていました。

 

これは結構時間がかかるので、普段はなかなか取りかかれません。

コンスタントに弾いていると忘れないのですが、

間が空くと、たとえ自分で作ったものであっても、すっかり忘れてしまいます。

 

その作業が終わったので、ほっ・・・。

また明日から新しい曲を手がけていく予定です。

そして、来年のコンサートの内容も、このお休み中に練っていくつもりです。

 

この一年、ブログやコンサートに来てくださった皆様、

ありがとうございました。どうぞ皆様、よい年をお迎えください。

来年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

          ♪Harp & Song コンサート♪

 

   現在、来年1月15日以降のコンサートを受け付けております。

   どうぞお問い合わせフォームよりご連絡ください。

   お待ちしております!

 

0 コメント