サウンド・エディット(音の編集)

昨日、ようやくCDプレス会社に、全てのデータを引き渡したところです。

これから音源の検証や、デザインの校正などに入るところです。

 

それらの結果が揃うと、もう一気に工場プレスに入りますので、

今しばらくの間、待ち時間を過ごすことになりました。

 

今日は、隠れた役目、サウンド・エディットのことを書きたいと思います。

3人チームの中の「Mastering Engineer」の役割です。

 

録音が終わった段階では、まだ全行程の半分程度で、

残り半分が、この作業となります。

いや長かったです、やっぱり。

 

今回、マスタリングは Kenji Yamada (夫)が担当してくれました。

 

彼の本業ではありませんが、過去にベーシストとして参加していたグループで、

デモテープ(テープの時代ですが)を作ったことがある、などから

このような運びとなりました。

 

そうでなければこのCD制作の話もなかった、と言っても過言ではありません。

 

この作業、デジタル録音した後、今はすべてパソコンでの仕上げとなります。

ですので、ものすごい大きな設備のある、○○レコーディングスタジオ、でなくても

マスタリングが可能な時代であります。

 

可能ではあるのですが、はやり個人でできることは制限がありまして、

例えば、他の弦にほんのちょっと触れてしまったハープの音などの

「雑音」を消すことはできません。

 

市場での音響技術というのは、不可能なことがないくらいすごいのですが、

まぁ、そこは若干手作り感があるということで、追究しません。

トータルで聴いていただければ幸いです。

 

その他、マスタリングにはどんな作業があるかといいますと、

まず、一般に市販のCDは、

ライブ録音以外では、すべて音響処理がかけられています。

 

音量調節、バランス、響きのミックス、フェードアウト・・・

元の音は「素顔」、マスタリングで「人前に出るためにお化粧」した状態になります。

 

つまり、それがなかったら、世に出すことはできません。

録音して繋げて終わり、では商品にならないのです。

私自身も、それがやっと今になって、わかったことなのでした。

 

そしてCDは、全部の曲で一つの作品なので、それから全体を作っていきます。

 

一曲一曲が仕上がっても、通しで聴いてみるとイメージが違ったり、

流れを変えてしまっている音響効果が入っていては、だめだからです。

 

アーティストと作品の良さを最大限に引き出す役目、

それがマスタリング技術です。

これは、レコード芸術の範疇であると思います。

 

そして、何十回も、何百回も「聴く」という作業。

この時間がとてつもなく長い作業だったことを知りました。

 

出来上がったものは、CDーRにデータを入れて、プレス会社に提出し、

そのまま工場生産されます。

今の時代だから、こんな私でもCDが作れるんだなぁと思いました。

 

そして、CDってこうやって作るのね、と今頃わかったのでした。

いくつになっても、知らないことってたくさんあるんですね。

だから人生って楽しい!

 

夏休みを返上してのマスタリング、ご苦労さまでした。

 

0 コメント

Gentle Breeze

ついに、といいますか、まだ手元に出来上がったCDはないのですが、

制作日誌のように綴っておりました、私のファーストソロアルバムのことを

発表したいと思います!

 

なんといってもこのジャケット、素敵でしょう?

アルバムタイトル「Gentle Breeze」の雰囲気が

とても漂っていると思いませんか?

 

このジャケットはフォトグラファー、junoさんに撮っていただきました。

(junoさんとの出会いは大変不思議なストーリーがありまして、

 また改めてご紹介いたしますね。)

 

junoさんの写真は、この表紙だけでなく、

中のプロフィールや、裏表紙と3枚あるんですよ。

それから、全体のデザインもお願いしました。

 

つまり私のハープの音は「見えないもの」ですが、

それを「見えるもの」としてくださったのが、junoさんの作品です。

 

このCDは聴くことだけでなく、お部屋に飾ることもできる、

という素晴らしさ! なんです。

 

盛りだくさんではありますが、それでもできるだけ皆さんに

気軽に買っていただけるようにと、

 

市場のCD価格からは大きく離れ、¥1050となっております。 (^0^)v

そのため、コンパクトなスリムケース仕様にいたしました。

 

ですので、中や裏表紙の写真は、買っていただいた方が封を切って開けると、

見ることができるので、ここでは公開いたしませんが、

どうぞお楽しみに、そして是非手に取っていただきたいです。

 

アルバムタイトルの「Gentle Breeze」は、

私のハープ音楽のイメージそのものです。

 

このアルバムから「心地良い風」を感じていただきたく思い、

制作してまいりました。

 

このタイトルのオリジナル曲も、まだどこでも弾いたことがありませんが、

入っております。

 

今回オリジナル曲は、全部で5曲。

その他、イングランドやアイルランドのケルト曲も

私のアレンジで収録されていて、全部で12曲(約35分)です。

 

一日の終わりに、ふと静かに振り返る時、

あるいは、お友達とのティータイムなどにも

是非このCDをお供にしていただけたら嬉しいです。

 

そして、CDの発売と共に、cafe24&Beachさんで、

10月2日にコンサートをいたします。

(詳しく記事にしてくださっていますので、こちらをご覧ください。)

 

オーナー、朋子さんのご好意で、発売記念とさせていただきましたが、

カフェのオープン2周年記念ウィークでもあります。

 

お祝いの気持ちで、cafe24ファンの皆様と楽しい時間を過ごしたく

思います。

 

また、アイリッシュハープをまだお聴きになったことのない方も、

是非この機会に足を運んでいただいて、

 

心地良い風の音をお楽しみいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

(私もそういう風を皆様にお送りしなければ!)

 

今日はCDの全容の一部をご紹介させていただきました。

やっとここまで来ました。(感無量・・・)

これから順次、お話ししてまいりますね。

 

 

0 コメント

コミュニティースペースコンサート

 

7月のコンサートからしばらく間が空きましたが、

今日は、成田市の、とあるコミュニティースペースでの

アイリッシュハープコンサートでした。

 

残暑厳しい折、運動会などとも重なっていると思われる

この時期、25名定員のところ、30名以上のお客様が

詰めかけてくださいました!

 

できるだけたくさんの方が入れるように、椅子なども

並べ替え、本当にぎっしりではありましたが、

皆さん楽しみにして来てくださったご様子です。

 

中には、立って聴いてくださった方もいらっしゃいましたね。

本当にありがとうございます。

 

こちらのスペースは、今年6月にできたばかりとういう所で、

いろいろな習い事をしたり、委託で作品を売っていたり、

地域での憩いの場所のようでした。

最近、こういったスペースが増えていて、いいですネ。

 

 

今回は、お店の宣伝も兼ね、また地域の皆様に音楽を

ということで、呼んでくださいました。

今日はここに「異次元空間を」作るべく、

私も楽しみにして参りました。

 

やはり皆さん、ハープが珍しい〜〜とのことだったみたいで、

いろいろ質問が飛んでました。

指先はどうなっているの?とか、弾くのに力はいるの?など。

 

今日はアルバム収録曲をいくつか披露して、10月2日のcafe24&Beachさんでの、

CD発売記念コンサートの宣伝もさせていただきました。

(遠いので、ちょっと無理かな・・・^^)

 

今日のコンサートには、CDは間に合わず残念でしたが、

成田市初進出でしたので、また伺えたら嬉しいです。

(千葉県も案外広いんです。)

 

夏とも秋とも言い難い今日の気候、

あえて季節感は考えずにプログラムを組んでの約一時間、

涼しい気分でお帰りいただけたでしょうか。

 

コンサートシーズンの幕開けの初日でした。

 

0 コメント

CD発売記念コンサートのお知らせ

今日は、10月2日(火)のソロコンサートの詳細をお知らせしたいと思います。

 

cafe24&Beachさんでは、今年の2月にもバレンタインチャリティーコンサートを

開いていただきましたが、今回で2回目となります。

 

今回は、カフェのオープン2周年記念に合わせて、また私のCD発売も兼ねてくださり、

ランチ&コンサート、という運びになりました。

(美味しいランチとお飲みもの、ハープコンサートで、なんと¥1600です!)

 

「お家カフェ」ってご存知でしょうか?

その名のとおり、ご自宅をカフェになさっているんです。

そしてとても素敵なので、一度行くと、帰りたくなくなるようなカフェなのです。

 

私もオフ日によくお邪魔して、お一人様だったりお友達とだったりして、

ランチやケーキセットを楽しませていただいているんですよ。

 

まるでお友達の家に遊びに来ているような、

そんなホスピタリティー溢れるカフェです。

 

10月2日は、私自身もリラックスしつつ、お客様にはもっとリラックスしていただいての

コンサートになると思っております。

 

アイリッシュハープの音は、繊細で、そんなに大きな音ではないので、

ただっ広い所には向かないのですが、

こちらのカフェは、とてもハープにぴったりの広さなのです。

そして響きも抜群にいいんです!

 

というこちらのカフェで、再びコンサートができること、大変嬉しく思います。

 

さて、コンサートの内容ですが、一部と二部は入れ替えなしで、

通しで聴いていただけます。内容ももちろん違います。

 

途中からでももちろんOKなのですが、

できれば両方聴いていただけることをお勧めいたします。

それは、一部と二部とで一つの流れ、ストーリーを作っているからなのです。

 

ではここで、コンサートタイトルを発表いたしましょう!

 

 

   第一部:イギリス・アイルランドからの風

 

   第二部:空と雲と・・・・風を感じる風景

 

 

今回の全体のテーマは、そうです、「風」です。

発売するCDも、「Gentle Breeze」(やさしいそよ風)という題名で、

ハープの音から、心地良い風を感じていただけたら、という思いで作りました。

 

今回は、CDに収録した曲もいくつか演奏いたしますが、

それは全体の3割程度で、7割はこのコンサートのために

新たな曲を用意しております。

 

中には訳あってCDには収録できなかった曲もあったのですが、

それもライブではやります!

 

CDとはまた違った切り口で、「風」をテーマに

コンサートをプロデュースしようと考えているところです。

(そして、とっておきのMCも!)

 

前回は2台のハープを使用いたしましたが、今回は3台を考えています。

いろいろな音色の違いも、お楽しみいただきたいです。

 

お時間は、一部が12時〜ですので、それよりも前(11時からオープンです。)に

来ていただけると、ちょうどお食事も進んだ頃で良さそうです。

 

二部は13時〜ですから、デザートかティータイムの頃でしょうか。

 

お友達やご家族と、ゆっくりおくつろぎいただきながら、

ハープと歌に耳を傾けてください。

 

皆さんが、「心地良い風」を感じて、そして心の中に「温かいもの」を

それぞれにお持ち帰っていただけることを願って、

これから準備してまいりたいと思います。

 

それから、その日から発売のCDですが、

10月2日のコンサートの日は、ほんの気持ちですが、

通常 ¥1050(税込)のところ、ジャスト ¥1000(税込)にいたします。

 

その日にお買い物だけに来てくださった方も同様です。

どうぞよろしくお願いします。

 

コンサートの方は、お席に限りがありますので、予約制となっております。

ご予約は、カフェへ直接、または、Mail to KIKIよりご連絡くださいませ。

(代表の方のお名前、人数、連絡先、ご来店のおおよその時間、をお知らせください。

   また、 男性のみではご来店できませんので、ご了承ください。)

 

では、お待ちしております♫

 

前回の様子です・・・って本人はいませんが、こんな雰囲気です♬
前回の様子です・・・って本人はいませんが、こんな雰囲気です♬
0 コメント

敬老の日のコンサート

 

少し前になりますが、今週月曜の敬老の日は、

柏市にありますグループホーム「だんらん柏」さん

で、ハープコンサートをして参りました。

 

こちらのホームは、お友達のTさんがお勤めの

ご高齢の方の施設で、昨年もこの時期にコンサート

で伺い、今年は半年も前からご予約いただいて、

本当に楽しみでした。

 

皆さんも楽しみにしていてくださったようで、

←こんな素敵な宣伝が施設内に貼られていました。

なんとも芸術的!

 

 

その日もとても暑くて、秋らしくない一日でした。

去年は確か「もみじ」なんかもやったのですが、

今年はまだまだそんな雰囲気ではなくて、

 

題材に季節は取り入れず、心地良く涼しげに

聴こえる曲を選ぶようにしました。

 

こういった場所では珍しく、私のオリジナル曲も

2曲ほど入れさせていただきました。

今度リリースされるCDからの曲で、

「Gentle Breeze」と「Morning Shine」です。

 

入居されている皆さんも、とても静かに、

じっくりと聴いてくださっているのが

わかるのでした。

 

去年お目にかかった方もお元気そうで、

嬉しかったです。

 

イントロ当てクイズにも、ノリノリで答えて

くださいました。

 

以前、保育園に行った時に作った曲、

「会えてよかった」をすこ〜し

大人ヴァージョンにしたものを作って、

今日はこちらで最後に演奏しました。

 

本当に皆さんに会えてよかった!!

 

 

職員の皆様と。

 

この日のためのご準備をありがとうございました。

終わってからいただいた、和菓子とお抹茶、

とても美味しかったです。

 

24時間体制でのお仕事、本当に大変と

思います。

皆様もどうぞ、お体に気をつけて

いただけますように。

 

またお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

0 コメント

CD「Gentle Breeze」収録曲、そしてコンサートのこと

こちらは膝に乗せて弾く小型ハープです。(Photo by KIKI)
こちらは膝に乗せて弾く小型ハープです。(Photo by KIKI)

もうすぐ出来上がったCDが届く予定ですが、

そこに収録されている曲と、

来週火曜のcafe24&Beachさんでの

コンサートのお話をいたします。

 

まず、収録されている私のオリジナル曲について。

 

オリジナルは、全部で5曲ほど入っておりますが、

2月の震災チャリティーバレンタインコンサート

の時に、その日のために、と作って、やはりこちら

のカフェで演奏した「ひとつの空、ひとつの♡」

入っております。

 

東北地方へとこの空は繋がっていて、

気持ちはひとつ、一人じゃない、

そんな思いを込めた曲です。

 

 

次に、このアルバムタイトルの「Gentle Breeze」

ですが、こちらも同名の曲として入っています。

自分で言うのもなんですが、爽やかな風を感じる曲に

仕上がっているように思って、とて気に入っております。

 

この曲は、最近コンサートで持ち出すことが少なかった、

Brittanyという小型ハープのために作りました。

(写真↑右側のぽってりしたハープです ^o^)

あらためて弾いてみると、やっぱりいい音です。

 

それから、だいぶ前に作った「ゆりかごの風景」という曲。

(その当時は「ゆりかご」という題名でした。)

 

ゆりかごの中の赤ちゃんか、ワンちゃんか猫ちゃんか、

すやすやと眠っているところに、そよ風が吹いている様子を

曲にしています。(これは中型のハープを使用しています。)

 

そして、オープニングにしましたのは、「Morning Shine」という曲。

これは、同じ小型でも、Eveというキラキラした音のするハープを

使いました。(写真↑左側のスリムなハープです ^^)

 

朝の光が、木の葉っぱの間からこぼれるように光っている様子です。

「さぁ、一日がんばろう。」という気持ちになれること間違いなしです!

 

アルバム最後の曲として収録したのは、「Peaceful Moment」という

少し厳かな、安らかな、静かな、そんな曲です。

この一曲だけですが、クロスストラングハープを使って作曲しました。

 

そのハープはこちら↓

サイズがわかりにくいかも知れませんが、140センチぐらいの高さで、

大きくて重いです。

 

弦が52弦も張ってあります。
弦が52弦も張ってあります。

 

一日の終わりに、ほっと息をつきながら静かに過ごす時間、

そんなメディテーションタイムに、是非聴いていただけたらと思う曲です。

 

このハープ、本当に低音が豊かで、すごく奇麗な響きを持っています。

まだまだこのハープに関しては、研究の余地がありますが、

 

次回は、この特殊なハープの曲をもっとたくさん作って収録してみたい、

という思いに至っています。

 

以上5曲が、私のオリジナル曲です。

 

その他、イングランド、アイルランドの古くからの伝承曲を5曲と、

これまでよく演奏した「アメージンググレース」、映画「タイタニック」で

使われた賛美歌「Near, my God, to Thee」も、今回新たにアレンジしました。

全部で12曲です。

 

使用したハープは手持ちの4台すべてで、

一番多く使ったのは、こちらの中型のハープ↓です。

コンサートでもメインで使っています。 

 

 

それから、ヴォーカルアレンジをしている曲も、4曲ほどあります。

ハープの中にヴォイスが溶け合うように、を目指してみました。

大きなチャレンジでした。

 

そして、来週火曜日のCD発売記念コンサートのお話。

(ご予約はcafe24&Beach、またはKIKIの「お問い合わせ」フォームから。

残席わずかとなりました!)

 

当日は、CD収録曲は3曲ぐらいで、あとはこのコンサートのために準備した

曲を8曲ほどで構成しています。

CDはおうちで聴いていただけるので、コンサートは別物なのです。

その日のお客様のために、セレクトしてあります。

 

コンサートでは、シェークスピア時代のイギリス音楽や、

CD未収録のアイルランド伝承曲を集めた第一部

「イギリス、アイルランドからの風」

 

そして、オリジナル曲や、日本の美しい歌を含めた第二部

「空、雲・・・風を感じる風景」

 

を予定しています。

 

皆様にとって、スペシャルな日となっていただけることを

願いつつ、用意しております。

 

そして、私にとっても、とても記念すべき日となることでしょう。

またこちらで演奏できることと、皆様に会えますことを

とても楽しみにしています。 

 

それから、この日は発売を記念して、CD1枚 1050円 → 1000円で

販売させていただきます。是非よろしくお願いしま〜す。

 

0 コメント

「Gentle Breeze」到着 & ジャケットデザインby juno*

 

昨日ついに届きました。そして無事に!

ひとつひとつセロファンで包装されたCDです。

(キャラメル包装といいます。)

 

午前中は届いたCDの段ボール箱との格闘でした。

枚数を数え、音をチェック、念のため2回通しで

聴いて、問題ないことが確認できて、安堵でした。

 

それと同時に、このCDのジャケットを撮影し、

中の印刷物のデザインをしてくださった、

juno*さんに、CD到着直後に報告です。

 

 

写真は印刷を外注に出すと、思ったような色にならないことが多く、

本当に難しいとのことです。

この「やさしい風」が吹いている情景が、微妙な色の出方の違いで、

すべて台無しになってしまいます。

 

でも、とても良い仕上がりになったように思い、

そのようにお知らせいたしました。

 

2台のハープの色がとても奇麗です。

そして、ベンチもいい色合いでアクセントになっていて、

これから「森の音楽会」が始まろうという雰囲気です。

 

中の写真(セロファンを開けないと見えませんが)も、

まさにジェントルブリーズであります。

爽やかな、ほっとするような写真なんですよ。

 

juno*さんは、今度の火曜日にコンサートをする、cafe24&Beachの委託作家さんであります。

 

もうだいぶ前に、カフェに置いてあったポストカードを買って以来、

私はすっかりファンになって、1枚、2枚・・・とjuno*さんのカードが

家の中に増えてゆきました。

 

飾ることもあれば、お友達に送ったこともありました。

 

美しいあじさいの花や、教会の椅子とお花の写真など、

とても素敵なポストカードです。

 

そんな折に、私がCDを制作することになり、ふとジャケットの写真のことを

どうしようかと思ったところ、

 

カフェのオーナー、朋子さんが、「juno*さんがもしかしたらやってくださるかも。」

という夢のようなお話をなさり、

朋子さんの「飾れるCD」というひらめきに、引き込まれるものがありました。

 

ただ、自分自身が、juno*さんの作品に見合った音楽を作れるのか、という

懸念も、正直ありました。

 

手探りで進めていたファーストアルバムです。

本格的にフォトグラファーの方にお願いするのは、

2作目ぐらいが適切のような気もしましたし、

でも、ファーストアルバムって大事だし、とも思ったり・・・。

 

せっかく工場プレスする本格CDにするのだし、

こんなコラボが実現したら、なんと素敵なことなんでしょう!

私:「是非お願いしま〜す♪」^^)

 

ということで、すぐその日のうちに、朋子さんからjuno*さんに連絡していただき、

そして、juno*さんも、急なお話にもかかわらず、快諾してくださったのです!

本当に嬉しいことでした。

 

ただ、juno*さんはお忙しく、撮影のスケジュールが合うかどうか、

撮った後のことも含め、そのへんが問題でありましたが、

 

なぜか「ぽっかり空いた一日」というのが存在していまして、

お願いしてわずか3日後には、私とjuno*さんは撮影現場におりました。

 

ハープは、今までjuno*さんが撮ったことのない被写体でしたが、

ハープがいろいろな表情をしている、ということで、

juno*さんも撮影を楽しみながら、進めてくださいました。

 

ハープをこっち向けたり、あっち向けたり・・・本当に表情が変わるのです。

そして背景によっても、違ってきます。

私もあらためて、ハープが絵になることを思いました。

 

2時間ぐらい何カ所かで撮影しましたが、このジャケットで使われたのは、

最後の場所でした。

 

もう4時に近くなっていて、そろそろ明るさの限界がありました。

たくさん撮っていただいたので、この中から選びましょう、

ということで、撮影は終了にしました。

 

その時、ふと、まだハープの音をjuno*さんに聴いていただいてなかったことを思い、

同じ場所のベンチに座って、ミニ野外ライブをすることにしました。

 

まさに「森の音楽会」です。

その間、juno*さんはずっとシャッターを押していました。

 

そして、その時の写真が、ジャケットの見開きにある

私のプロフィール写真となりました。

自分が写ることは考えになかったので、実にフツーの格好です。

 

でも、今回このジャケットには、すべてjuno*さんの写真にしたいと思ったのです。

表、裏、プロフィールと、3枚使わせていただくことになりました。

 

さて、写真も撮って終わり、ではありません。

それからが実に長い長い道でした。

夏の間、何度もメールでやり取りをして、進めていただきました。

 

まず、写真を選ぶところからになりますが、

いろいろな場所で撮っていただいたので、どのシーンも素敵で、

2種類の風景を選ぶのが、本当に難しかったです。

 

最終的には、ストーリーが見えてきそうな組み合わせで、

コンサート前(表紙)、コンサート中(プロフィール)、コンサート後(裏表紙)

としました。

 

使わなかった写真の中にも、たくさん素敵なのがあって、

本当に迷いました。あれも、これも、みんな良いのです。

 

そして、文字から色から、ディスク盤の色から、写真の配置から、

果てしなくやることがありました。

結果的に、撮影だけでなく、ジャケットデザインもjuno*さんに

お願いさせていただきました。

 

このCD制作にあたっては、アーティスト、音響エンジニア、

そしてジャケットデザイナーという、たった3人のチームでした。

 

普通、CDといえば、10人とか20人とかが関わっていると思います。

ですから今回、一人一人の重みがすごく大きかったです。

3人で会社をやっているかのようでした。

 

音響エンジニア担当の夫はともかくとして、juno*さんには本当に知り合ったばかりなのに、

当初のお願い以上のお願いになってしまって、本当に申し訳なかったです。

 

でも、いつも快く引き受けてくださって、音に掛かり切りの私の大きな助けとなって

くださいました。

(3人の名前はよく見えるように、裏ジャケットにクレジットしてあります。)

 

ところで、junoさんとは、撮影の日に一度お会いしただけなのですが、

なんと、20年ぐらい前に、お会いしていた・・・かも・・・たぶん・・・きっと!

ということが、判明しております。

 

この話の続きはコンサートの中でお話ししたいので、

Diaryに書くのは、その後にしますね。

(なんだか引っぱってるみたいで、すみません。)

 

ともかく、コンサートにCDが間に合って、本当によかったです。

ほっとしています!

 

そして、juno*さん、本当に素敵なジャケットをありがとうございました!

 

2 コメント