ひな祭りday

 

 

定期的に演奏に行っている施設様にあるお雛様です。

大変立派な御殿付き、昭和初期のもののようです。

 

施設長のH様が所有している、お雛様だそうです。

 

ご自宅から持ち出して、こちらに飾り、

入居されている皆さんを楽しませてくださっていました。

 

本当に華やか。

春らしいですね。

 

そして、これだけではありませんでした。

 

 

 

お裁縫をするお姫様です。十二単を着て、縫い物をしています。ピンクのお着物が素敵です。
お裁縫をするお姫様です。十二単を着て、縫い物をしています。ピンクのお着物が素敵です。
貝合わせ、平安時代の貴族のゲームですね。これが何セットもありました。一枚一枚にとても丁寧な絵が描かれています。
貝合わせ、平安時代の貴族のゲームですね。これが何セットもありました。一枚一枚にとても丁寧な絵が描かれています。

 

 

 

そして、お馴染みの、とってもゴージャスなお雛様も・・・・。

 

私もコンパクトなお雛様は持っているのですが、

最近出していなくて・・・いけませんね。

 

つい忙しくて、気がついたらもう終わっていた、

というのが例年のことです。

 

でも、今年はこんなにたくさん拝見できて、

とても満足してしまいました。

 

そして、たくさんの人に見ていただけるのがいいですね。

 

 

 

 

******************************

 

3月の前半のコンサートでは、たいていオープニングを

「たのしいひな祭り」で始めます。

 

でも、楽しいはずの日の曲が、どうして短調で哀愁があるのでしょう。

子供の頃から不思議でした。

今では、日本古来のワビ、サビの感覚?として、理解しています。

 

この曲は、メキシコにも渡って歌われているそうです。

ただし、「哀れなみなしごたち」という題が付いている歌だそうですよ。

確かにそちらの方が、ぴったりな曲調ですね。

 

厳かに祝う、というのが日本人らしいのでしょう。

西洋の方には、ちょっと理解が難しいかも知れませんね。

 

でも、金や銀、赤などの色合いが鮮やかで、目を楽しませてくれます。

それだけに、音楽は落ち着いたものが合うのかも知れないです。

 

そして、このあたりの音楽には、やはりお琴が合いそうですね。

アイリッシュハープも、それらしく弾いてみたりしています。

 

ハープという西洋楽器でありながらも、

時折、こうして和の世界にも入ることができて、楽しいです。

 

今日は、素敵な雛飾りとともに、春らしい気分の午後を過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

 

2 コメント

Singer, Kyoro

この11年、うちに暮らしております、

オカメインコです。

 

♂ キョロちゃん

担当楽器:ヴォーカル(歌♪)

好物:焼きたてパン、もしくは高級パン

怖いもの:地震、猫

 

インコといっても、オウムに近い感じの鳥で、

あまり飛ばずに、家の中を歩いています。

 

籠の中に入るのは、寝るときだけで、

普段は放し飼いです。

 

 

 

一応本人も、ミュージシャンのつもりです。

いえ、なかなかの美声です。

 

高い音が好きで、アイリッシュハープの高音域を弾くと、

喜んで一緒に歌います。

 

その他、ソプラノの声、笛なんかも大好きです。

 

本日は、声楽家のEさんをお迎えして、ハープとの合わせをしました。

ドイツ歌曲がご専門で、ドイツ語での素敵なソプラノをお聞かせくださいました。

 

キョロちゃん、大喜びで参加です。

またEさんも、「あら〜、お上手ねぇ〜」などと褒めるものですから、

それはそれはご機嫌、絶好調です。

 

確かに、こんなに小さな鳥なのに、本当に良く響く声。

時折耳が痛くなるくらいです。

 

Eさん曰く、体全体で共鳴しているから、とのこと。

人間も、体を筒のようにして響かせるのが、声楽の基本だそうです。

 

以前ある演奏家が、「どの楽器を弾く人が一番すごいかと聞かれたら、

人間の声に勝る楽器はない、と答えます。」と言っていました。

 

声楽家の方は、フルオーケストラをバックに

マイクなしですから、本当にすごいと思います。

 

素敵な歌を披露してくださったEさんに、

少し私の持ち曲のレッスンをしていただきました。

 

面白いですよ。

片足を上げたり、ボールを蹴るようなことをしたりして

歌ってみて、と言うのです。

腹筋を自然と使えるように、ということです。

 

歌の世界、あきらかに体育会系ですね。

わたくし、少々筋肉痛・・・。

 

それと、日常をミュージカルで過ごしているんじゃないかと思うくらい、

家事をやるにも、なににつけても歌っていらっしゃるようです。
(鼻歌とかではなくて。) 

 

だからなのか、声楽家の方って明るくて朗らかな方が多いですね。

そんな毎日って、なんだか楽しそうです。

 

Eさん最後に、「キョロちゃんの真似をすればいいのよ。この子いい先生だわ。」

と言ってお帰りになりました。

 

この聞き分けのない鳥さんが、先生ですかぁ・・・?

でもそう思って見ると、少しキョロちゃんが偉く見えたりして。

 

これまで練習のたびに、邪魔をされていたと思っていましたが、

そうか、キョロちゃんは指導していたってわけですね。

 

11才というのは、もう結構なお歳だと思うのですが、

まだまだ元気、現役singerです。

 

中には25才ぐらいまで、元気なオカメインコもいるようですから、

キョロちゃんもがんばって歌い続けてほしいです。

0 コメント

アメリカの友から

3月11日の今日、アメリカの一人のハープ製作者(年配の男性)から

メールをいただきました。

 

 

親愛なるKIKIへ

 

津波から一年となりました。

しばしばこの出来事を思い起こした一年でした。

 

私が過去に日本で過ごした2年間は、自分の人生にとって最良の時でした。

素晴らしい文化と優しく堅実な国民、その思い出はいつも私とともにありました。

 

日本の皆さんは、この一年で本当によく助け合い、以前にも増した

強い心を備えられたと思います。

そして、アメリカはこれからも、日本との間に、堅い特別な「きづな」を築いて

いきたいと、皆が心から願っています。

 

日本の一日も早い復興を願い、日本の皆様のために祈り続けたいと思います。

 

**********************************

 

この方は、何十年も前に、音楽とは関係のない仕事で、

日本に来ていたそうです。

(その後、いつから自国でハープを作るようになったのかは、わかりませんが。)

 

1ドル360円時代、とのことですから、相当前でしょう。

それ以来、日本に来たことはなかったようです。

 

その頃の良い思い出と共に過ごされたこの方は、

本当に心を痛め、奥様とともに、この一年、何度もメールをくださった方でした。

 

アメリカでも、たくさんの追悼集会やコンサートが、この週末に行われたそうです。

 

日本とその国民は、こうして世界に愛されていることを思います。

ひとりじゃないこと、そして感謝を噛み締めた一日でした。

 

 

0 コメント

ハープグッズのあれこれ(その1)

普段コンサートではお目にかからない、

(あるいは目立たない)ハープグッズをご紹介いたします。

 

KIKI作、ハープカバーです。

 

弾いていない時には、それぞれのハープに、

このようなカバーをかけています。

この中身は、春から持ち出す一番大きなハープ、

クロスストラングです。

 

元々、昨年手放した大型ハープのために縫ったものですが、

そのお下がりもジャストサイズ、継続して使っています。

 

最初の頃、ワンピースを着た人が立っているような

錯覚を起こして、ぞくぞくっとしたことが

よくありました。(冷汗、笑)

 

 

 

チューニングキーといいます。

調弦に使う器具です。

 

4台ハープがあるので、4種類持っています。

中身がわかるように、それぞれのケースに入れて

あります。

 

リバティ柄と、もう一つはパッチワークの手作りで、

お友達からいただいたものです。

この2つ、特に気に入っているケースです。

 

このチューニングキーがないと(忘れると)

大変なことになります。

絶対に忘れてはならない、基本グッズの一つです。

 

 

こちらは、ハープ用の椅子です。

 

左は、家用。

 

Afternoon Teaで買ったスツールで、

高さが調整できます。

クッション部分は自分で作りました。

 

右は、コンサート用。

 

ロココ調の家具を扱っているネットショップで

この猫足のスツールを購入しました。

見た目、ちょっと素敵ですが、あまり座り心地は

よくないです。(でも我慢・・・)

 

こうして並べてみると、まだまだいろいろありますので、

また追って次の機会に、と思います。

 

ハープ関連のグッズのケースなどは、既製で見つからないと、

自分で作るので、よく「すご〜い」などと言われますが、

 

その他、滅多にミシンを出して何かをやることはないです。

 

最後にミシンを使ったのは、2年ぐらい前に、

サテンで衣装のスカートを縫った時でしょうか・・・。

 

 

先日、震災のチャリティコンサートをさせていただいた、

素敵な手作り作品を置いているカフェ、cafe24&Beachさんで、

 

すべてオリジナルレシピの、素敵なランチ&デザートをいただき、

個性溢れる作家さんたちの作品を見て、

やっぱり何かを創作するっていいなぁ、と思いました。

 

そして私は、これからも、自分の音楽を手作りしていきたいです。

 

震災から一年、何ができるのかわからなかった時もありましたが、

今は、自分にできること、たとえ小さなことでも、こつこつと積み重ねたいです。

 

そんな決意を新たにしました。

 

最後に、先週そちらのカフェで買った、春らしいブローチ(Sayuhaさん作)を

ハープカバーに付けたショットで、今日のDiaryを閉じたいと思います。

 

 

リバティ柄のチョウチョ。なんだか本当に飛んで来たみたいです。
リバティ柄のチョウチョ。なんだか本当に飛んで来たみたいです。
0 コメント

ハープグッズのあれこれ(その2)

前回に続き、いろいろなハープグッズのご紹介です。

 

右は、中型の白木のハープ(メープル素材)の

足を接続するためのレンチです。

 

意外にコンパクトに運べるのは、このハープの

足が着脱できるからです。

 

このレンチも忘れると、大変なことになるツールの

ひとつです。

 

足も4本あるので、1本でも足りないと・・・(冷汗)

 

 

左のカップ&ソーサーは、演奏時にお水を入れて置いてます。

でも、実際に飲むことは、少ないです。

 

KIKIの Harp & Song コンサートは、弾く、歌う、話すの三本柱なので、

どうしても喉がカラカラになってしまう時があります。

 

でも、コンサート中にグビグビ飲むことは、できれば避けたいので、

一応置いている、という感じです。

 

このカップ&ソーサーは、ポリプロビレン製の軽いものです。

 

 

 

譜面台に掛けてあります2枚のものは、

レザー(皮)です。

 

一番小さな、膝に乗せるハープを弾く時、

楽器が膝の上で滑らないようにするために、

敷くものです。

 

左は皮のブックカバーで、右はレザーショップで

見つけた、超お買い得な端切れです。

最近はほとんど、右のを使っています。

 

これも忘れると、大変困ってしまうアイテムです。

 

 

 

先日も、Shamrockで出演した時に、直前に行方不明となり、相方の歌姫、志保さんに

探しまくってもらいましたね・・・。

(なんということはなく、ハープの上に掛かっていたのですが!)

 

 

 

譜面カバー(背表紙)です。

 

しっかりしたファイルを買って、その上に

楽譜集などの中にあったデザインを

拡大コピーして、作りました。

 

左は、冬の夜空の下、ハープを持つお姫様。

右は、ハープを弾くダビデ王です。

(ダビデの話は、旧約聖書に登場します。)

 

両方とも、ルネッサンス曲集の楽譜の中にあった挿絵です。

バックの柄も、イギリスの古い曲集の表紙をカラーコピーしたものです。

 

 

 

最後に、コンサートで必ず置いている、KIKIのネームプレートです。

 

ソロ活動を始めた頃に、記念に作りました。

それがそのまま、ホームページの表題(Harp by KIKI)に

なっています。

 

トールペイントの専門家にお願いして作っていただいたもので、

大変気に入っています。

 

自分でトールペイントができたらいいですね。

たぶん、ハープにもペイントしてしまうような気がします。

**********************************

 

とまぁ、二回に分けて、グッズのご紹介をしましたが、

今回、改めて自分の持ち物の確認ができて、よい機会でした。

 

忘れないように、目に焼き付けた感じです。(^^

 

これに、衣装だの靴だの、夜はライトだの、

また広い場所ではアンプとマイクだの・・・が加わるので、本当に持ち物が多いです。

 

近ければ忘れても取りに戻れますが、

遠いと諦めるしかないのでしょうね・・・。

(幸いまだそのような経験はありませんが。)

 

春のコンサートシーズンが始まっています。

全部持って行き、全部持って帰る、を心がけて、いざ出発〜♪です。

 

0 コメント

感動をいただきつつ・・・

春分の日の先日、この一年で3回ほど呼んで

いただいている施設(有料老人ホーム)様での

コンサートがありました。

 

こちらにはいろいろな演奏家が、頻繁にいらして

います。

音楽に溢れているホームのご様子です。

施設内のレストランには、グランドピアノもあります。

 

私は、昨年4月にも春バージョンで来ていますので、

その時とはまた違った趣きになるよう、用意して

参りました。

 

 

 

KIKIの名前もすっかり覚えていただけたようで、コンサート中にも

お客様との会話があったり、とてもよい流れを作ってくださっています。

 

今回は、車椅子でいらしていた方が多かったような気がします。

 

終わって片付けていた時に、ふと後ろからお声がかかりました。

 

  「車で運んでいるのですか? 演奏家は腕力も必要なんですね。」

 

車椅子に乗ったご婦人の方でした。

 

  「この前も台車で運んでましたね。手伝ってあげたいくらいでした。」

 

私は片付け作業をやめて、近くでお話しさせていただくことにしました。

その方は、スケッチブックを持っていらっしゃいました。

 

拝見させていただきましたら、そこには、私がハープを弾いているデッサン画がありました。

そして、よく見るとその方の手は、ずっと震えておられるのです。

 

  「手が震えるから、なかなか速く描けないのね。部屋に帰ってから続けるわ。」

 

でも、スケッチブックに描かれていた絵は、そんなことも感じさせない、

とても素敵な絵でした。

 

自分自身の演奏風景をこんな形で見させていただけて、大変感激しまして、

今度伺った時に、完成作品を見せてくださいと申しましたら、

 

  「あら、大変だわ。」と、笑っておられました。

 

お体がご不自由でいらしても、こうして続けていることって、

すごく素晴らしいと思います。

 

この方からは、否定的なことが何も感じられず、

むしろ日々の目標を持っておられるようにお見受けしました。

 

お歳を召すって、喜ばしいことではないでしょうけれど、

誰でもいつまでも若いままではないのですから、

 

その年々に応じて、やれる最大限を見つけられたら、

きっと満たされた気持ちで、日々を過ごせるような気がします。

 

背伸びすることなく、こつこつと。

 

私も、年間に何十というステージの機会をいただいていますが、

本当に一回一回、階段(ステージ)を上る気持ちです。

 

決して数段跳びはなく、着実に一段ずつ。

 

今日は、いろいろな元気をいただきました。

いつもながら、コンサートを企画して盛り上げてくださるU様、

ありがとうございます。

 

それから、筆談で、次回のリクエスト(「引き潮」「60’年代にヒットした曲」)

をくださった方、トライしてみたいと思います!

 

See you again!

 

 

 

0 コメント

春のコンサートシリーズ

Informationにも告知を載せていましたが、

昨日は、ディズニーランドの近く、

浦安にあります、グッドタイムリビング新浦安様にて、

ハープコンサートをしてまいりました。

 

しばらくディズニーランドにも行っていませんし、

浦安に来るのは、本当に何年ぶりかしら、

というくらいのご無沙汰でした。

 

マンションがい〜っばい立ち並んでいまして、

なんとなくリゾートの雰囲気であります。

 

ちょっと場所がわかりずらかったのですが、

やっと発見して、無事に楽器を搬入しました。

 

エントランスなどは、リゾートホテルのような素敵さです。

 

普段、こういった場所では、そちらにお住まいの限られた方のみが

聴けるものでありますが、今回は、一般の方にもお入りいただける

オープンなコンサートでした。

 

寒かった冬の終わりを告げるように、ようやく暖かい陽が差し込んだ

日曜の昼下がり、レストランの中に、ハープの音が響き渡りました。

 

アイリッシュハープ、初めて見ました、聴きました、という方がほとんどです。

 

今回は、春の訪れを喜ぶ曲を選んでの、コンサートシリーズですが、

自作のアレンジで一番気に入っておりますのは、

「おぼろ月夜」です。

 

♪菜の花畑に入り陽薄れ、見渡す山の端、霞深し。

 

水彩画を見ているかのように、美しい風景が感じられる日本語です。

メロディもハープにとてもよく合うのです。

 

アレンジは現代風に仕上げて、

歌詞がきれいに乗るようにしました。

一緒に口ずさんでいる方がとても多かったです。

 

今回もいろいろ、初チャレンジになる選曲がありましたが、

複雑なコード進行にも対応できるクロスストラングハープでの弾き語り、

「星に願いを」もその一つでした。

 

先日の「Singer, Kyoro(3/8付Diary)」でご紹介の

声楽家Eさんご指導のお陰あって、熱唱いたしました!

(Eさん、ありがとうございます!!)

 

その他、よく安眠できるようにと、

最後に演奏しましたのは、「ブラームスの子守歌」です。

 

心地良い気持ちが夜まで持続していただけたら、嬉しいです。

 

コンサートが終わってから、歩行器につかまりながら聴きに来てくださったご婦人に、

 

「とても良い時間を過ごさせていただきました。どうぞ是非また来てください。」

 

という感想をいただいて、本当に励みになりました。

ありがとうございます。

 

外の空気は、まだひんやりしていましたが、

海の香りがしてきそうな街、浦安でした。

 

震災の時は、いろいろ大変だったことと思います。

でも、お元気そうな皆様に会えて、嬉しい一日、

そして楽しいプチ演奏旅行でした。

 

今回は2種類のハープを持参、その違いなどを説明しております。
今回は2種類のハープを持参、その違いなどを説明しております。
0 コメント

マンションコンサート

春の嵐が昨夜から吹き荒れておりました、3月最後

の日、そして土曜日です。

 

とあるマンションの集会所で、Harp by KIKIの

コンサートがありました。

 

こちらにお住まいの皆さんでハープを聴いて、

親睦会をしたいというお申し出をいただき、

準備してまいりました。

 

企画くださったのは、1月にヘルパーさんの勉強会の中

でコンサートをした時にいらした、 I さんでした。

 

 

お住まいになっているマンションでもコンサートを開きたい

と、この度思い立ってくださったのでした。

 

チラシを作ったりして、マンションの皆さんにお知らせして

くださいました。

 

マンションでの交流会なんて、いいですね。

 

事前に I さんと打ち合わせをして、テーマは「安らぎ、癒し」にしましょう、

ということになりました。

 

忙しいこの時代、心休まるひとときって、意識しないと得られないものです。

立ち止まって考える時間を大切にしたいと、私も常日頃思っていることです。

 

11時からスタートで、15分前より皆さん続々とお集りです。

I さん、「何人来るか、わからないんですよね〜」とご心配なさっていましたが、

 

開始時間には、集会所は超満員御礼!!

春休みなのでお子さんたちも来てくださいました。

そして、お父様がたも。

 

ほどよいスペース、そして良い響き。

マイクもなしで十分でした。

 

ケルトの民謡、春の曲、そして音楽トリビアクイズなども取り混ぜ、

和やかな雰囲気の中、時に楽しく、時にしんみりと聴いていただいた一時間でした。

 

終わってからは一緒に写真を撮ったり、歓談させていただいて、

シンプルなマンションの集会場が、なんとも華やかな社交場となりました。

 

なかなかご近所で、一同に会することってないと思います。

本当に素敵な企画でした。

 

今回こちらでも、こういった内容での親睦会は初めてとのことでした。

そして、そこに第一号として呼んでいただけたのは、大変光栄です。

 

私も、個人様のお宅での小さなコンサートなどもしておりますが、

マンション単位というのは、初めてでした。

 

こういう「地域興し」っていうのでしょうか、とても嬉しいです。

少しでも交流の橋渡しになれたかと思うと、本当に演奏をやっていてよかったと思います。

 

マンションの優しい皆様のお陰で、私も楽しい時間が持てました。

皆さんも安らいでいただけたら嬉しいです。

 

明日から4月ですね。がんばってまいりましょう。

 

楽しいご歓談が続いていました。いろいろなご準備ありがとうございました。
楽しいご歓談が続いていました。いろいろなご準備ありがとうございました。
0 コメント