自分らしい声とは?

ついに2月に入りました。

1月は凍るような日々でしたが、今月はどうなりますでしょう。

 

昨夜もそれなりに寒かったですが、

元気に杉並(方南町)のスタジオへ出かけておりました。

 

ニューヨークで活躍されている声楽家、Masami Morimoto氏の

ヴォーカルワークショップへのお誘いをいただいたので、

ちょっと遠かったですが、参加いたしました。

(Kさん、お誘いありがとうございました!)

 

Morimoto先生は、ニューヨークでも、ヴォーカルクラスをお持ちで、

ご自身はバリトンです。

 

ユニークなのは、そちらで習っている方が、声楽家ばかりではなく、

俳優だったり、アナウンサーだったり、

あるいは、魅力的な声でプレゼンをしたいビジネスマンなど、

 

仕事上、声を意識したい方や、腹式呼吸をして健康になりたい方などが

いらしているそうです。

 

習うのは、歌ったり音程を取る、ということばかりではないのですね。

(そういえば、あるボイトレのお教室に、お坊さんがレッスンを受けに来ている、

という話を聞いたことがあります。)

 

声って大事なんですね。

声は楽器でもあり、その人自身を表す大切なものですから。

 

昨日のワークショップでは、「自分らしい声」を見つけましょう、

というテーマで始まりました。

 

私は歌手ではありませんから、そんなに音域も広くないですし、

クラシックの声楽曲などは歌えません。

 

ただハープに合う声を常に模索しているので、昨日のワークショップは、

本当に良い機会でありました。

 

とても興味深かったのは、Morimoto氏の言葉での表現です。

 

 

「頭の後ろを開けて、目の下を開けて、こめかみも開けて」(首から上の緊張を解いて、空気を通す。)

 

「体をマヨネーズの容器のようにして」(柔軟に、ということかな?)

 

「自分自身がバルーンになったように」(体を軽くして体を膨らますように。)

 

 

などなど、自然な声を出すためには、脱力が必要で、

でも、それだけではフニャフニャになりますから、

下半身はしっかりと、ということだそうです。

 

そして、発声練習の間にもよくおっしゃっていたのは、

 

「みんな、暗いね〜。」

「声が暗くて沈んでいるね〜。」でした。

 

ここからは比較文化になりますが、

特に日本人は、生活上でも開放感がないことをおっしゃっていて、

 

たまに日本に帰って来られると、その閉塞感みたいなものに、

ご自身まで押しつぶされそうになるそうです。

 

そういう国民性や文化(わび・さび?)なども、

日本人の発声に影響しているのでは、ということでした。

(もちろん日本の良い部分でもある、という前提でおっしゃていますが。)

 

Morimoto氏のキャラを見ましても、大変明るくて、饒舌でいらして、

声を出すのが楽しい、といった感じです。

あんな風になれたら、もっと生活が楽しくなるように思いました。

 

確かに声はその人の健康度を表していますから、

心の重荷やプレッシャーがあると、

たちまち声の色が悪くなってしまうような気がします。

 

私も、本番へ向けてのメンタルコントロールは、身体的な健康管理以上に、

とても大切だと思っています。

 

これは、音楽家のみならず、あらゆるプロフェッショナルに通じることだと思います。

 

想定外のことや、不可抗力に対する気持ちの持って行き方で、

いろいろなことが大きく左右しますから、

メンタルコントロールは、私にとって、いつも大きな課題です。

 

Morimoto氏のワークショップは、あっという間の2時間でしたが、

とても良い勉強になりました。

 

2月は時節柄、ご高齢の施設での演奏はお休みです。

自宅でのHarp & Afternoon Teaも計画中ですが、

14日のチャリティーコンサートが、今月の大きな本番となります。

 

 心身共にhappyな気分で、コンサートの準備をしていきたい、

そのように思いながら、そして願いながら、深夜の電車で帰途に着きました。

 

 

0 コメント

ひとつの空、ひとつの♡(ハート)

私の新曲の題名です。

 

今度のバレンタインチャリティーコンサートのために、

ハープソロ曲として書いた、brand new 作品です。

 

14日にカフェで初演する予定でいます。

被災地へと続く同じ空の下で、皆さんがひとつの心となれるように願って、作曲しました。

 

cafe24&Beachさんには、たくさんのクリエイティブな委託作家の皆さんが

いらっしゃいますが、同じように手作り感覚で、

私も音楽を持って、伺いたいと思っています。

 

今回、「ひとつの空、ひとつの♡」という曲は、1週間ぐらい前に

割と短い時間で作りましたが、

実は、パフォーマンス(演奏)の方に時間がかかっています。

 

なんというか、生まれたての子に慣れない手つきで子育てを開始した母親、

という感じでしょうか。

 

自分の曲とはいえ、自分のものにしていくには、時間(年数)がかかります。

そして、同じ曲でも、だんだんとパフォーマンスが変わっていきます。

そんな風に、地道に音楽を育てていくことも、楽しみの一つです。

 

きっと作家の皆様も、そのようにアイディアを温め、丹精を凝らして

素晴らしい作品をお作りになっていることでしょうね。

 

そして世に出して行く時が、感無量ですね。

 

今日は、お友達とランチをしにcafe24&Beachさんに行って、

頭の中で当日の音楽を鳴らしていました。

 

お天気もよく、カフェの窓から青い空が広がっています。

 

チャリティーにご賛同いただいた皆さんの気持ちが、この空を通じて、

東北に届きますように。

 

2 コメント

愛がいっぱい♡バレンタインチャリティーコンサート

ズラリと並ぶ委託作家の皆様の素敵な作品です。
ズラリと並ぶ委託作家の皆様の素敵な作品です。

本日、バレンタインデーとなりました。

 

千葉県野田市の素敵なカフェ、cafe24&Beach

さんで、震災のチャリティーとして、ハープの

ソロコンサートをして参りました。

 

この日のために、カフェのオーナー様、スタッフの

皆様、委託作家の皆様、そして演奏者のKIKIと、

一つとなり力を合わせてまいりました。

 

インフルエンザが猛威をふるう中、体調に最大限の

注意を払って、臨んだ一日でした。

 

お陰様で、元気に向かうことができました。

 

 

 

 

 

お席は早くから「満員御礼」で、今日はスタッフの

皆様も増員されて、朝早くからお食事の準備で大忙

しでしたね。

とても美味しそうな香りが漂っていました。

 

私も早めに到着して、ひととおりのリハーサルを

させていただきました。

今日はあいにくの雨空でしたが、音響はばっちり

です。

 

そして、11時にオープン。

皆様、楽しみにして来てくださいました。

 

演奏は、12時からと13時からの二回です。

 

 

今回のプログラムは、練習期間に、たくさんの変更がありました。

進めていくうちに、最初に組んだ曲よりももっと、相応しい曲がどんどん出てくるのです。

 

しっくりいくまで、納得いくまで、プログラムを組み直しました。

そして、本日演奏した曲は、以下のとおりです。

 

 

第一部(バレンタインに寄せて〜恋の歌)

 

① 赤いスイートピー(松田聖子)/松任谷由実・KIKI編

② サリーガーデン/アイルランド伝承曲

③ アニーローリー変奏曲/スコットランド伝承曲

④ スカボロフェア/イングランド伝承曲

⑤ The Water is Wide/スコットランド伝承曲

 

第二部(祈りと希望をテーマに、東北の皆様への思いとともに)

 

① アメージンググレース/KIKI編

② ゆりかご/KIKIオリジナル曲

③ Heal the World(マイケル・ジャクソン)/KIKI編

④ ひとつの空、ひとつの♡/KIKIオリジナル曲

⑤ 春よこい(童謡)

⑥ Nearer my Got, to Thee(映画『タイタニック』より)

 

 

一部では、いろいろな恋の歌を選びました。

 

「春いろの汽車に乗って・・・」のメロディーが浮かんで、オープニングは

なんと松田聖子をアレンジしてみました。

KIKIとしては、とても珍しい選曲です。懐かし〜い。

 

続くケルト民謡は、すべて恋の歌。

300年も400年も前の曲ばかりですが、古さを感じさせません。

アイリッシュハープらしい曲です。

 

 

そして、第二部では本題に入りまして、

 

チャリティーにご賛同くださった皆様と、東北地方への思いを

重ね合わせられるように、プログラムしてみました。

 

祈りをテーマに、「アメージンググレース」で二部を開始しまして、

 

まだ仮設住宅にいらして不自由をなさっている方々が、一日も早く

安らいだ眠りを得られますように、という思いで選んだ、KIKIのオリジナル曲「ゆりかご」

 

マイケル・ジャクソンの「愛をもって、皆でこの世界をよい場所にしようよ。」という

呼びかけに応答したい気持ちで選んだ「Heal the World」

 

この空をとおして、私たちの思いが東北の皆さんに届きますように、と

つい先日作曲したオリジナル曲、「ひとつの空、ひとつの♡」

 

東北の皆さんが、本当に春という季節を心から楽しむことができますように、と

願って選んだ童謡「春よこい」

 

最後は、映画「タイタニック」の中で、沈みゆく船の中で、雇われ楽士のヴァイオリニストが

静かに弾いた賛美歌「Nearer my God, to Thee」

 

これはパニックの船の中、誰も聴いていないであろうその音楽を

自分の使命として最後までやり遂げているヴァイオリニストの姿に、

私自身もそうでありたいと思う気持ちと、

 

一人一人ができることは、小さなことなのかも知れないけれど、

その小さなことを大切にしたいという思い。

 

こうして皆さんと力を合わせられたこと、一緒に東北へ心を向けられたことを

感謝して、ハープでこの曲を弾いて、このコンサートを閉じました。

 

会場の空気が一つとなれた、そんな温かい、やさしい空間の中で、

演奏することができて、本当に幸せでした。

 

来てくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

そして、cafe24&Beachの朋子さん、スタッフの皆様と委託作家のお一人お一人、

素晴らしい機会を持てましたことを感謝いたします。

(本日の様子は、カフェのブログでもレポートしてくださっています。)

 

このような時間を皆さんと過ごせて、とても素敵な一日でした。   

皆さんの心の中に、赤いスイートピーを咲かせてお帰りくださったら、嬉しいです。 By KIKI
皆さんの心の中に、赤いスイートピーを咲かせてお帰りくださったら、嬉しいです。 By KIKI
4 コメント

濃ぃ〜い2月

大きなイベントでありました、バレンタインチャリティーコンサートを無事に終え、

そして、たくさんの反響をいただいて・・・感無量です。

 

本当に深い内容でした。

多くの方の思いの集結は、このように大きなものを生み出すということを

実感したイベントでした。

 

今は、終わってしまって、寂しいくらいですが、

また次へと続く励まし&エネルギーとなっています。

この感謝、言い尽くせません。

 

2月は風邪、インフルエンザ、そして雪など、予想がつかない月のため、

ご高齢の施設での演奏はお休みにしています。

 

したがって、ちょっとゆったりしつつ、また春からのひとときを

皆様がお楽しみいただけるように、次の準備に入りました。

 

今日は、星☆に関する曲を2曲ほど、アレンジしたところです。

(ヒント:九ちゃんとピノキオ)

 

まだまだいろいろ・・・・どうぞお楽しみにしていただけたらと思います。

       *現在 KIKIの Harp & Songコンサートのご予約は、3月下旬〜の日程で受け付けております。*

それにしましても、スケジュールというのは、

いつも不思議なタイミングがあることを思います。

 

実は、今年の1月下旬から数週間、アイルランドで行われるハープの

セミナーへの参加を考えておりました。

 

でも、そうなりますと、その準備も含めて、1月と2月はまるまる、お仕事は

お休みにしなくてはなりません。

 

冬のヨーロッパは暗くて寒いので、何も今行かなくてもいいかも・・・

 

そんなことを自問しているうちに、

一気にその計画はなくなりました。

 

するとその直後に、1月のヘルパーさんの勉強会でのコンサート、

そして、2月のcafe24&Beachさんでの震災チャリティコンサートのお話があり、

 

また、施設での1月の冬バージョンコンサートのご依頼がいくつか、

 

はたまた、声楽のMorimoto氏のヴォーカルワークショップへの参加、

そして氏の帰国直前に、ラッキーにも個人レッスンを受けることができて・・・

(先生、ホントにありがとうございました!)

 

やはり、この選択は正しかったと思わずにはいられませんでした。

 

もちろんこれは後日談で、アイルランドに行ったら行ったで、

たくさんの収穫もあったとは思いますが、

きっと行くタイミングは今ではなかったのでしょう。

 

そしてこの一連の出会いは、その場限りではなく、さらに先へと続いているのですから、

まだ見えない未来が楽しみであります。

 

立春がすぎても、まだまだ寒い真冬の状態ですが、

私の頭の中で鳴っている音楽は、徐々に春カラーになっています♪

 

聴いていただく方の心に素敵なお花が咲いて、

それをそっと大切に持ち帰れるような、コンサートを作っていきたいと思っています。

 

そしてまた3月から、皆様にお会いできますことを楽しみにしています。

 

0 コメント

久しぶりのクロスハープ

  アイビーリーフ by Rinoma(浦和)
  アイビーリーフ by Rinoma(浦和)

←クロスストラングハープです。

 

Rinoma様のアイビーリーフとのコラボです。 

ハープがオブジェのよう! ありがとうございます。)

 

昨年5月に購入しまして、9月に二度ほど演奏会デビューを

しましたが、その後、ずっとアイリッシュハープの出番に

押されて、仕方なくカバーを掛けて置いておりました。

 

いつも気になり、ちらちら見ては弦は切れていないか、

ご機嫌悪くしていないか、様子を伺っていました。

 

でも大丈夫、このように華々しく、音もよく鳴っています。

春からのコンサートで運び出そうと、準備に入りました。

 

ボディーがハート型で、見た目は可愛いのですが、

結構大きくて、がっしりとして、重いです。

 

 

 

 

我が家は、玄関から道路まで、20段の階段がありますので、運搬は少々大変。

気合いを入れないと、私もハープも怪我をしてしまいますから、

本当に気をつけないとなりません。

 

もし壊れてしまったら・・・修復は難しいでしょうね。

このハープは個人輸入をしたもので、とてもレアなのです。

 

クロスストラングハープは、普通の楽器屋さんには置いていませんし、

確実に見られるのは、浜松の楽器博物館と、斑尾のハープミュージアムぐらいでしょうか。

 

起源は、スペインの17世紀にあります。

 

チェンバロにも似た音がして、バロック音楽が本当に良く合います。

弾いていると、その時代にタイムスリップしたかのような感覚になり、

厳かな気分になります。

 

でも、私はこれで、ポップスも弾いちゃいます♫

それはそれで、なかなか良いのです。

 

なぜこれを買ったかは、前にも書きましたが、

アイリッシュハープではできない、複雑な和音が作れるからなのです。

(やろうと思えば、ジャズやブルースもね。)

 

その代わり、奏法が普通のハープとは違うため、

頭を切り替えて、練習も相当に積まなければなりません。

 

そのようなわけで、なかなかソロのコンサートシリーズに

組み込むことができませんでした。

(夏からお待ちかねのU様、本当にお待たせいたしました!)

 

この冬の期間、少し余裕ある時間ができた2月と3月を

その準備に充てることにしました。

 

クロスハープを使うコンサートでは、中型のアイリッシュハープも持ち込んで、

二台を使い分ける予定です。

 

ですので、少し広い会場でのコンサートで、お目見えすることになると思います。

 

どうぞお楽しみに!

 

**Harp by KIKIでは、春(3月下旬)からのコンサートを受け付けております。

会場に合ったハープ、お集りの目的に応じた曲をプログラムして、個人様のご自宅へも

出張演奏しております。お気軽に、お問い合わせフォームからご連絡ください。**

 

 

大きなハートが家の中にありますと、不思議と和む、そんなハープです。
大きなハートが家の中にありますと、不思議と和む、そんなハープです。
2 コメント

春は名のみの・・・

あっという間に2月も終わりそうですね。

 

ここにきて、ようやくインフルエンザも峠を超えたようで、

ほっとします。

 

この時期の健康管理は、本当に大変で神経を使うので、

それだけでも、疲れてしまいます。

 

でも、こうしてこの冬を無事に過ごすことができたのは、

いろいろ良いと思われることを探して、

やってきた甲斐があったのかな、と振り返っています。

 

例えば、

 

・寒いと思った時には、ミルクたっぷりのチャイを作り、

 さらにジンジャーパウダーを入れて飲んでおりました。

 

・寝る時は、ティーツリーかユーカリのオイルを数滴、

 マスクに落として、毎晩着用して寝ました。

 (これは実は、通年やっております。)

 

・就寝前の入浴時に、洗髪するのはやめて、

 昼間のシャンプーに切り替えました。

 

・入浴剤を生姜系、またはトウガラシ系にしました。

 

・首を空気にさらさないように、家の中でも常に

 ネックウォーマーをしていました。

 (寝る時は、タオルをマフラー代わりにして。)

 

ざっとこの程度なんですが、少なくともこれで

喉風邪のようなものからは、守られたような気がします。

ホントにずっと調子良かったです。

 

最近は、玄米なども試しています。

玄米+精白米+黒米 はなかなか美味しいですよ。

 

そういえば、ヴァイオリニストの千住真理子さんが、

本番の数日前から、毎日生卵を3つぐらい飲むそうです。

これで風邪を引かなくなったとか。

 

やはり本番直前に体調を崩されて、

苦しい思いをしたことがあるからなのだそうです。

 

まさにロッキーの世界ですね。

(千住さん、本当にロッキーからヒントを得たようです。)

 

私にはできないですね。たとえどんなに新鮮な卵でも・・・。

風邪対策や治し方など、それぞれに合った方法でやるしかないですね。

 

春からのコンサートは、少し遠出する所もありますので、

より元気でいたいです。

 

まだまだ寒い日がありそうですが、この調子で!

 

 

 

0 コメント

雪景色を眺めつつ、おうちにて

本日2月の最終日、そして冷え込んだ空気の中に再びです。

 

起き抜けに一面の銀世界を見て、びっくりでしたが、

今日は一日ぼっかり予定が空いていて、

 

もともと丸一日、家に籠っての練習に充てるつもりでしたから、

慌てずに済みました。

 

このような降り方だと、ハープの運び出しは困難を極めますから、

雪の日にはコンサートがないことをいつも願っているのでした。

 

でも、予定が狂ってしまった方も多かったのではないかと思います。

交通網も相当に乱れていたようですね。

 

こういう時間のたっぷりある時は、

結構真剣にストレッチから入ります。(体操でございます。)

 

30分ぐらいは、きちんとやるのです。

特に冬は体も固いですから、これをやるとスッキリしますし、

ハープを弾く段階において、全然違ってきます。

 

演奏も運動神経を使うことに変わりないので、

音楽家の方は、皆さんいろいろなさっているようですね。

水泳とか。

 

高校時代、歌って演奏するクラブに入っていました。

バンド系です。

ライブ活動も盛んで、合宿もありました。

 

合宿内容は、かなり体育会系で、相当に面食らいましたが、

今ではそれも多少役立っているような気がします。

 

改めて思うのは、演奏って全身運動なのです。

指や手だけではないのですね。

 

全身の調和と、柔軟さと、そして心とが密接に繋がっています。

 

体を大事にしながら、多少鍛えながら、

メンタル面でよいテンションを保ちつつ、

トータルに管理していく・・・・・・そんなことをずっとやっています。

 

前にどなたかが、「アスリートと同じだね。」と言ったことがありました。

そうなのかも知れないです。

 

そういった身体的なケアも、演奏の一部だと思っています。

(あら、前回のDiaryの続編みたいですが。)

 

明日は気温が上がるそうで、嬉しいですが、

足下が悪そうですね。

 

3月に入ります。

KIKIも、また新たに始動する時期となりました。ふぁいと〜。

 

0 コメント