11月、そしてキャンペーン演奏へ

朝晩めっきり寒くなってまいりました。

早くも11月です。

少しずつクリスマスに近づいてきましたね。

 

今日からキャンペーンの旅が始まりました。

小さなハープを一台だけ持って、ミニコンサートに伺います。

そして、ご予約のCDを渡させていただいています。

(3枚以上でお届け&ミニコンサートです。)

 

なんだかサンタクロースにでもなった気分 ^^)♪

 

キャンペーン第一号は、お隣の町、野田市にあります

デイサービスでした。

 

こちらにお勤めの職員の方々が、私のCDをご希望くださって、

デイサービスに来ているご高齢の方々に

ハープのコンサートをプレゼント、というごお話でした。

 

本日は、右側の↑ほっそりしたハープと共に、

そちらの施設に向かいました。

 

うちから車で30分ぐらいの距離なのですが、

なんとのどかな! 

周りにはあまりお店もなく、目印もなく・・・迷いました。

 

今日はうっかりカメラを忘れ、何もお見せするものがないのですが、

そちらは、古民家をそのまま、デイサービスにした一軒家でした。

 

最近、古民家を改造したカフェなどもありますが、

デイサービスだなんて、小粋ですね。

そこはまるで、トトロに出てくるようなお宅です。

 

お客様(デイサービスに来ているご高齢の方)に、

「この村の人かい?」と聞かれました。

村なんですね! そう、そういう雰囲気です!

 

柿の木があって、周囲は林で、

日本の秋、という感じです。いいですね〜。

 

そちらの畳の上で、ミニコンサートとあいなりました。

本日は、日本の歌を中心に、100%知っている曲のみの選曲です。

 

今の季節にぴったりな、「もみじ」や「庭の千草」など

ふんふんふ〜んと歌えそうなものを揃えて行きました。

 

皆さん、それはそれは喜んでくださり、

和やかな時を共に過ごさせていただきました。

 

楽器に関する積極的なご質問などもあって、

とても興味深いご様子でした。

 

これからこちらのデイサービスでは、お食事時間のBGMとして、

CD「Gentle Breeze」を流してくださるそうです。

ボナペティ!

 

爽やかな秋晴れの一日、キャンペーンの始まり、

いい日旅立ちという感じでした。

 

これからいろいろな所へ伺う予定です。

ご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

0 コメント

2012年のクリスマスに向けて

15世紀の画家、ハンス・メムリング(ベルギー、

オランダ)の『奏楽天使』という絵です。

(本当は5人います。)

 

一番左の方が持っているのは、プサルテリウムという

発弦楽器で、今のツィターという楽器と同族です。

コンパクトで良さそう。

 

この時代、音楽家の中で誰が一番偉い(?)か、

というと、それは歌唄いだったようです。

次いで管楽器、それから弦。

 

自分の身体を楽器にしている方がなんたってすごい、

という理解だったそうです。

 

 

この時期、私が紐解いて手にする楽譜は、

こういった古い時代のヨーロッパのキャロルなどです。

 

生活や当時の文化にも密着していて、

演奏しているとワープするような楽しさがあります。

今日のような、肌寒く雨のお天気も気になりません。

 

だから好きなのです、クリスマスの準備。

 

 

今年は2年ぶりに、Lily of the Valleyというアンサンブルでも

コンサートの機会が多くあって、

 

告知にも出ない分も含めると、コンサートツアーのごとく

メンバーとご一緒します。

 

歌唄いの志保さん、笛吹きの若林さん、そしてハープの私。

(15世紀に倣って、偉い順です。^^)

 

このお二人とは、教会のオルガニスト(奏楽)仲間なんです。

まさに、メムリングの絵にあるような奏楽天使(!)

 

 

この冬のツアーを記念して、お揃いの楽譜カバーを調達しました。

リバティーです。

 

紙かと思って買ったら、布貼りで、ちょっと得した気分♪

(でも、どおりでいいお値段。)

 

早く使いたいという笛吹きの若林さんに

「先に使うと、一人だけ早く汚れて色が違っちゃうかも?」

などと言って、12月まで封印 ^^)

 

確かに、早く使いたいという楽しみができました。

 

 

そして、アンサンブルの合間に、KIKIとしてのソロ活動も並行しての

12月ですので、いつもよりも忙しくなりそうです。

 

もうただでさえ、楽譜が山のように譜面台を覆っています。

頭がこんがらがらないように・・・・がんばらなければ。

 

0 コメント

ハワイアンミュージックとハープ

昨日は久しぶりの夜のライブ出演でした。

 

ハワイアンミュージックの会(マウイチャイムスさん)の

ライブにゲストで呼んでいただきました。

 

入場料500円で、軽食と飲みものとお菓子が付くという好条件で、

HPにご案内する前に、40席がすぐいっぱいになってしまいました。^^))

 

ライブは、ハワイアンの演奏、アイリッシュハープコンサート、

またハワイアン、という流れで、

とても変わった趣向だったと思います。

 

ハワイアンとアイリッシュ・・・結構違う部類になります。

共通点はあまり見つからないのですが、

 

皆、音楽が好き、というところでは一致します。

異文化交流、とでもいいましょうか。

 

今回は、小さなハープ2台を使って、

30分ほどのミニコンサートをさせていただきました。

 

普段あまり演奏する機会のない、自分のオリジナル曲などもできて、

とても嬉しかったです♪

 

たぶん知らないと思われるような曲も

興味深く聴いてくださり、

本当に音楽好きな方の集まりなのでした。

 

たくさんのCDのお買い上げもありがとうございます。

 

それにしても、夜の演奏は、昨年のクリスマスディナー以来です。

久しぶりに夜の時間帯に演奏をしてみますと、

やっぱり昼間とは、違う感覚があります。

 

私は目が悪いので、演奏のある日はコンタクトレンズをしていますが、

そのせいもあるのですね。

 

蛍光灯の光がなんとなく眩しくて、

弦の向こう側の景色がやけに目立って見えたり・・・。

 

本当に、目がよかったら、とつくづく思います。

(レーシック手術をするハーピストの方もいらっしゃいます。)

 

でも、昔のアイルランドのハーパーは、盲目の方が多かったそうですから、

(MCでもこのお話をしましたが!)

見えてる私はまだまだ贅沢なんです。

 

そのうちやっぱり眼鏡なのかしら、とも思ったり、

そうなると、スタイルからイメチェンしないとね・・・

(アンジェラ・アキ風?)

 

そんなことを自問自答した夜でした。

でも、温かいお客様に囲まれ、楽しい夜となりました。

 

マウイチャイムスの Iさん、

一日マネージャーをしてくださったSさん、

ありがとうございました。

 

0 コメント

アイリッシュ伝統音楽ワークショップ

冷たい雨の一日でした。

 

土曜日の今日、アイルランド大使館招聘の歌手、

ジョセフィーン・ニ・ヴェグリオックさんによる

アイルランドの伝統的歌唱のワークショップがありました。

(伴奏をしておられるのは、菊池恵子さん。)

 

ゲール語というケルト圏の言語があります。

アイルランドやスコットランドの一部で

話されている言葉ですが、今回のワークショップは

そのゲール語による伝承曲についてでした。

 

独特な歌い回し、ほぼ初めて聴くゲール語の響き、

その地方の風土が感じられる歌声でした。

元々の楽譜はなく、歌い継がれて現代に遺されているものです。

 

ダニーボーイにしても、サリーガーデンにしても

英語の歌詞が付いていますが、それは後付けなのだそうです。

そして、その歌い回しもちょっと現代のとは違いました。

 

でもそれが本物というか、オリジナルなのですね。

アイルランドの心の神髄はここにあり、という感じです。

 

ジョセフィーンさんは日本が初めて、ということで、

日本の曲をリクエストされ、「さくら」と「ふるさと」を

ご紹介する場面などもあって、よい文化交流となりました。

 

今回のワークショップで会場となりましたのは、三軒茶屋のフレンチ

レストラン、アンシェーヌ藍さんでした。

 

こちらは前に私も伺ったことのあるレストランで、

以前のブログでもご紹介させていただきましたが、

 

障がいをお持ちの方が、一流シェフの元で生き生きとお仕事を

されているレストランです。

 

そして、グランドハープがある、というとても珍しいレストランで、

とても優雅な場所です。

 

ワークショップの後のティータイムでいただいたケーキも

とても美味しかったです!

今回のワークショップ開催場所がこちらというお知らせ

を聞いて、大変嬉しく参加させていただきました。

(そして、私の実家の近くでもあるのでした。)

 

今日も絵がたくさん飾られていました。

障がい者の皆様が描いたというハープの絵、

どれも本当にとても素敵でした。

 

その他、藍工房という作業所で作られた藍染めの

作品や葉書なども販売されています。

 

フレンチとハープで優雅なひとときを過ごしに、

私もまたゆっくり伺いたいです。

 

0 コメント

ランチタイム演奏のお知らせ

 

先週末は、私の中でイベントがいろいろだったので、

話が前後しますが、

 

とてもよいお天気だった先週の金曜日、

夜ライブの翌日ということもあって、

羽のばしをさせていただきました。

 

私のCDのカバーデザインを手がけてくださった、

フォトグラファーのjuno*さんがご一緒です。

 

juno*さんと知り合うきっかけとなったカフェ、cafe24&Beachさんへ。

 

お店では、よくCDを流してくださっています。

(誠にありがとうございます!!)

 

カフェでは、きっとクリスマスオーナメントがたくさんなのを想定して、

私はスワロフスキー風のハープ小物を持って行きました。

 

本職のjuno*さんの横で、私も写真を少々。(いい度胸だなぁ^^)

 

ブルーベリーチーズクリームワッフルとハープ
ブルーベリーチーズクリームワッフルとハープ
まつぼっくりのキャンドルと
まつぼっくりのキャンドルと
ツリーにこっそり・・・
ツリーにこっそり・・・

 

12月はいつもスケジュールが過密になるので、

もう何年も自分の家ではオーナメントなどを出しておりません。

 

でも、行く先々で、こうして楽しい飾りを見ることができたり、

そんな素敵な場所で演奏ができるので、私はもうそれだけで満足しています。

 

12月12日(水)のランチタイムには、こちらのカフェで

小さなハープによる、クリスマスBGMをいたします。

(ご飲食代のみ、チャージはありません。)

 

クリスマスランチをお友達と、またはお一人でも、

アイリッシュハープのクリスマスキャロルを聴きながら、

この一年を思い、しっとりとお過ごしになってはいかがでしょうか。

 

是非ご予約の上、いらしてくださいね。

     ↓   ↓

ご予約:cafe24&Beach  04-7136-7464(千葉県野田市、リンクをご参照ください。)

 

 *おうちカフェなので、男性のみではお入りになれませんので、ご注意くださいね。

 

 

0 コメント

12月に向けて

いよいよ、2012年のクライマックスへと向かいます。

 

自分の練習、他の方との合わせと、

分刻みのスケジュールの中に入っています。

 

そのような中、最も気をつけたいのは、

風邪!

 

まだ寝込むほどの風邪はひいていませんが、

これからが恐怖・・・なのです。

 

そこで予防を少々。

 

 

 

 

    昨年より愛用の入浴剤、しょうが薬湯です。

    これはとっても温まります。

    (早速2缶も買ってしまいました。)

 

左は、ジンジャーの飴。

インドネシア製で、かなり生姜の味が濃いもの。

 

右は「マヌカハニー」という

ニュージーランドの蜂蜜。

殺菌度が高いらしいです。

 

両方とも、声楽のお友達からの差し入れでした。

喉、大事ですからね。

 

 

11月は、プライベートなコンサートや、記念式典の中での演奏など、

クローズの機会の多い月でした。

 

途中風邪を引きながらも、持ち直したり、また新たな風邪気味状態になったり、

すっきりした日が少なかったです。

(秋の花粉症もありますし。)

 

でも12月はそんなことを言っていられません!

ほぼ一日おきにハープと共に出かけて行くような月となります。

 

今日は、就寝時用のシルク製のマスクを買う予定でしたが、

完売! 皆さん考えていることは同じなんですね。

 

あれやこれや、風邪から遠のくことに専心しつつ、12月への準備中です。

 

0 コメント

コンサートのプレゼント

11月最後のキャンペーン演奏でした。

 

本日は、大切なお友達へコンサートをプレゼント、ということで、

ある個人様のお宅へと向かいました。

 

お客様は、贈り主Uさんと、そのお友達のMさんのお二人。

 

小さなハープひとつと、椅子をひとつ持って行きました。

譜面は頭の中に。(入っているハズ)

 

お友達のMさんにとって、初めて見る、初めて聴くアイリッシュハープ。

冬の張りつめた空気に、とてもよく響きます。

このハープが、一年で一番元気になる季節はこれからです。

 

お部屋にヨン様の大きなポスター。

凛々しい時代劇姿。

卓上カレンダーにもヨン様。

 

お好きでいらしたこと、聞いておりましたので、

今回は「冬ソナ」も登場。実に久しぶりに弾きました。

 

さすがに等身大ヨン様を前に演奏すると

緊張しますね。

 

でもなかなか合うのです、ハープでの冬ソナ。

以前Youtubeで耳コピしたものなので、こんなので合っているのか、

わかりませんが、

 

お客様のMさんと、贈り主のUさんもお喜びに。

お二人で韓国へも旅行されたというお話です。

 

最後にクリスマスキャロル「もみの木」を弾いて、

この小さなコンサートを閉じました。

 

CDご購入キャンペーンで、今月はいろいろな所へ行かせていただきました。

12月はキャンペーン演奏はお休みとなりますが、

ご好評につき、来年の3月ぐらいまで続行する予定です。

 

近隣の皆様、是非ご利用ください。

ご連絡お待ちしております。

 

Mさんのための、小さな音楽会の午後でした。
Mさんのための、小さな音楽会の午後でした。
0 コメント