4台目のハープ

このホームページの、Instrumentsのところにご紹介してありますように、

私は、3台のアイリッシュハープを所有しています。

 

どうして3台も?とよく聞かれますが、それらは大・中・小とサイズ(音域)が違う

ものなので、ポータビリティを考慮して、毎回持ち出すものを選んでいます。

 

車で行く時はミドルサイズかビッグサイズ、電車で行かなければならない時は、

スモールサイズ、という具合です。

 

もちろん、それぞれ音色が違いますので、選曲によっても変わってきます。

 

3台もあればもう十分かと思いたいのですが、そうでもなく、

ハーピストって、なぜか何台も所有するはめになっています。

 

ハープという楽器には、全音弦(ピアノでいう白鍵)しか張っていないので、

臨時記号(転調)出現の際には、アイリッシュハープは、上に付いているレバーを

上げ下げするという、複雑な動作が伴います。

 

それを解決するには、ペダルで操作できてしまうグランドハープを導入するか、

あきらめて転調のできるだけ少ない曲を選択するか、あるいは、

レバー操作を無茶苦茶練習するか、という選択になります。

 

ピアノで弾けて当たり前のことが、ハープでは難しいのでした。

(ご興味ある方は、『About Harps』のコーナーをご覧ください。)

 

私は、グランドハープは、実はあまり好きではないのでした。

優雅でゴージャスすぎるといいますか・・・。

第一、自分で持ち運べないとなると、もう論外です。

 

ですので私は、なんといっても、アイリッシュハープ派です。

その素朴な音色、そして、ケルト地方らしい音を求めて止まないのでした。

 

もしアイリッシュハープが、半音階も苦労なく、ピアノのごとくに弾けたら、

どんなにかよいでしょう。

 

こんな夢のようなハープが・・・なんとアメリカにあったのです!

弦がクロスして、全音と半音が2列になっている、珍しいハープです。

 

その道の優れた奏者も、あちらには何人かいたのでした。

さすが開拓の国・・・。

 

ただ、奏法がまるで違うので、新しい楽器を始めるくらいの覚悟が必要です。

かなり難しいらしく、世界的にもあまり普及していないようなのです。

 

ならば私が。

こんな可能性を持った楽器を前に、やらない手は無いのです。

 

いろいろ、本当にいろいろ調べて、あるアメリカのハープ製作者のところに辿り着きました。

何度もメールでやり取りをした末、音域が4オクターブ半のハープを注文することにしました。

結構大きいような・・・気がします。

 

個人輸入となりますので、その手続きの面倒なこと。

この取り引きが完了したのは、実に震災の前日でした。

 

送金も済ませ、ほっとした途端に、あの世の中が変わることが起きたのでした。

 

あちらの銀行には、地震当日に入金されたようで、ハープ製作者がびっくりして、

グーグルで調べて、「Chibaってどこだ? わ、海の近くだ!!」と、大慌てしたそうです。

 

(千葉も広いんですが・・・彼らには、日本列島は小さな島にしか見えないのでしょう。)

 

こんな滅多に注文されないような楽器を、日本人が、しかも震災の日に買ったということで、

なんだか妙に親身になってくれて・・・。

どうやら私は、彼らにとって、生涯忘れ難い顧客となったようでした。

 

ハープという楽器は、お店で手に取って選べるようなものではなく、

こうして製作者と信頼を築いた上で、やっと手にすることができる楽器です。

これまでの一台一台も、それぞれに思い入れと、storyがあります。

毎回が、ハープ探求の旅なのでした。

 

この4度目のハープ探求の旅を終え、今はその楽器の到着を待っているところです。

 

皆様の前に、この新しくも珍しいハープを、一日も早くお披露目できることを

願っております。

 

0 コメント

ハープ到着 in Narita

前回の続きですが、アメリカに注文していた、ちょっと特殊な(半音弦付きの)ハープが、

ついに届きました。

 

今回は、成田空港まで引き取りに行って、通関も自分でやることにしたのでした。

なぜなら、輸送料がとても高かったのです。

 

アメリカから成田空港までが$700・・・高いけれど、大きいのでこれは仕方ないとして、

成田空港から自宅までが$600・・・ここが納得いかないのでした。

 

なぜ$600もするかといいますと、通関料以外には、通関手数料、保険、宅配料がかっていて、

いくつもの業者が間に入っているのです。

 

だったらがんばって、自分で取りに行って、税金(通関料)だけで済ませよう、というわけです。

 

小雨の中、朝8時半に、愛車MOVEで自宅を出発。

実は成田に一人で運転して行くのは、初めてでした。

同じ千葉県なのに50キロ以上もあって、遠いこと。

 

道は空いていて、成田には10時に到着しましたが、

貨物エリアに入ってから、目的地(日航貨物のオフィス)に着くまで、

場所がわからず、30分もウロウロしてしまいました。

 

貨物エリア内では、全部一方通行だったので、グルグルグルグル・・・。

時折間違えて逆走してしまい、叱られ・・・。

 

やっと日航のオフィスに付き、輸入を証明する書類をいただき、税務署へ。

個人輸入専用の窓口へ行って、税金の計算をしました。

 

これがまた複雑で・・・その空気を税務署の方が察してくれて、

電卓を持って来て、手伝ってくださいました。(意外に親切で、感激しました!)

 

無事税金(消費税と地方税)を納め、そしていよいよ、荷物の受け渡しです。

 

相当に大きなカートンが届くことを予想して、箱を解体して車に積めるように、

カッターや軍手を持って行ったのですが、最初に、「木箱で来るかも知れませんが、

釘を抜いたりする工具はお持ちですか?」と聞かれ、慌ててしまいました。

 

しばらくして、「段ボールのようです。」と係の方に伝えられ、ホッ。

 

そして実物を見て驚きました。

ものすごい簡易包装なのです。

 

これまでのハープは、自宅に送ってもらっていたので、たいていは、浴槽ぐらいの

大きなカートンに、ものすごく厳重に収まっていたのです。

 

ところが、目の前に横たわっているのは、ハープの形をした薄い段ボールでした。

「これだけですか?」と思わず聞いてしまいました。

デンバー→ダラス→北京→成田 という長旅をしてきた荷物とは思えませんでした。

 

国内に入ると、日本の運輸会社が、ものすごく厳重に詰め替えて発送していたのですね。

だから国内輸送料が高い、ということが判明。

でも、楽器はやはりデリケートなので、万が一を考えるとそうなってしまうでしょうか。

 

さて、この大きさなら車に入るかな、と思いトライしましたが、ギリギリ無理のよう。

予定どおり、その場で解体することにしました。

 

側をフォークリフトがブンブン走っていて、ちょっと危険を感じましたので、

一刻も早くこの場を立ち去るべく、素早く箱を開けました。

中に入っていた緩衝材は、わら半紙のようなもの・・・ハープの安否が・・・。

 

幸運にもハープは無事な様子でしたので、安心しました。

段ボールも緩衝材もすべて車に積みこんで、お仕事終了です。

思ったよりも早く終わって助かりました。

 

それにしても、今回の購入は、苦労が多かったです。

思いがけず、輸入のイロハまで勉強しましたから。

Harp by KIKI Import Co.ができたりして・・・なんて。

 

本日はさすがに疲れました。

ハープを家に運び込むと、帰りに買ったブルーベリータルトとハーブティーで、

一人打ち上げをして、この新しく仲間入りしたハープを歓迎したのでした。

 

 

見えずらいですが、弦が2列、計52本張ってあります。チューニングが大変そう!
見えずらいですが、弦が2列、計52本張ってあります。チューニングが大変そう!
0 コメント

春納め

今日は、今月最後のコンサートで、

久しぶりのデイサービスセンターでした。

 

ここのところ、ずっと居住タイプの施設が多かったのですが、

こちらは、ご自宅からの通いで、日中ご年配の方がくつろぐ

所です。

 

昨年のクリスマスにも呼んでいただいて、3月頃にも企画して

くださっていたようでしたが、地震があって、

今日まで延びてしまったそうです。

 

でも、まだ春に間に合いました。

一応、今月まで、春モードでやっておりまして、

今日のコンサートで、春納めとすることにしました。

 

 

私は、毎月いろいろな施設に伺っておりますが、本当に、それぞれ特色があって、

大変興味深いです。

 

先日伺った所では、グルメの会があったり、フラワーアレンジメントのクラスが

あったり、フラダンスをやっていたり・・・。

 

そして、今日伺ったこちらでは、筋トレができるジムのようなコーナーがあったり、

裏に菜園があって、育てたものをお昼のお料理に使ったり、

 

本当にいろいろ工夫されて、ゲストの方々をもてなしていらっしゃいました。

そして、職員の方のお若いこと、利用されている方々のお孫さんと同じくらいですね。

 

私は、娘ぐらいでしょうか。本日は、「お嬢ちゃん」などとも呼ばれましたよ!!!

 

そして、そういう日常にひょっこり現れる、謎のハープ弾き歌うたい、

どこからともなく来て、いつの間にかいなくなっている・・・そんな存在でしょうか?

 

それでよいのです。

そして、皆さんと共に過ごす一時間弱が、安らぎの時間として心に残っていただければ、

『安らぎ空間プロデューサー、KIKI』としては、本望なのであります。

 

それにしても、3月末から入った春モード、

なんといっても私自身が、春の曲を満喫しました。

 

今月の曲の中から、一つだけ、苦労しつつチャレンジした曲を挙げるとすれば、

それは『すみれの花咲く頃』です。

 

これは、昭和5年の作品ですが、言わずと知れた、宝塚歌劇団のテーマ曲ですね。

元は、ドイツ歌曲のようです。

 

耳慣れたあのメロディーの前に、実は前振れがありまして、

レチタティーボ風に、語るのです。ここが好きですね。

 

「春、すみれ、咲き・・・春を告げる」

 

楽譜はありませんので、参考資料はYouTubeだけですが、これが大助かりです。

(YouTubeがなかったら、今の仕事はできないかも知れないです。)

 

いろんなタカラジェンヌが歌うのを聴いて、研究いたしました。

私は宝塚には疎いのですが、黒木ひとみさんとか、加茂さくらさんとか、

何人か知っています。

 

バックはオーケストラなので、ハープで雰囲気を出すのは難しいですが、

ギター風の弾き語りにしてみました。

そして気分はタカラジェンヌ!(なりきることが大切ですね。)

 

先月、今月と、一番大きなハープを持ち出してのコンサートでした。

なので、少々筋肉痛です・・・。

 

さて、来月はどうしようかと、帰宅後にハーブティーを飲みながら

あれこれと楽譜をめくっております。

 

でも、この『すみれの花咲く頃』は、まだ続行するつもりでおります。

懐かしんでいただけたら、嬉しいです。

 

(ハーブティーレシピ:ベリー系のドライフルーツ、ルイボスティー、自家製ドライカモミール)

 

0 コメント