さくら、さくら

家の向かいには、桜が咲く公園があります。

うっすらピンク色のつぼみが見えていますから、もう少し気温が上がったら、

一気に咲くことでしょう。

 

ですが、今年はあまりそちらに目が行っていませんでした。

普段テレビをほとんど見ない私も、被災地を映す番組を見ることが多かったですし、

常にテレビを付けていて、「緊急地震速報」などに、身構えることが多かったです。

 

気がつけばもう4月で、ここで一つ、うっかりやりそびれていたことを思い出しました。

それは、「春の歌メドレー」の編曲です。

 

昨年から、秋、冬と、ハープでメドレーを作っていました。

でも、なんだか今年は春が遠く感じてしまって、本当でしたら3月に

作っているべきものが、実はまだでありました。

 

このメドレーは、やはり人気があるのです。

メドレーっていいですよね、次は何かな、という期待感がね。

 

今回のメドレーは、4曲繋ぎで、最後は「さくらさくら」で締めることにしました。

短調系で締めることは滅多にないのですが、この曲は意外に華やかさがあります。

桜の花は、日本人の心、みたいなものですからね。

 

昔、イギリスに住んでいた時、桜が満開に咲いている状態の木を、

何かの理由で、市の職員さんが、キーコーキーコー切っていて

びっくりしたことがありました。

 

近所のおばさんに、「日本人にとって、桜は特別なものなのに、

こんなところをお見せして申し訳ないわね。」と言われたことがありました。

確かに・・・。

 

桜の開花期間は短いですが、つぼみのわくわく感から始まって、

一つ二つと咲き始める楽しみ、そして満開のブーケ、その後に花びらがはらはらと落ちる様・・・・

幾通りも楽しみがあって、桜って意外と盛りだくさんなのですね。

 

今年は、各地の桜祭りも中止のところが多いみたいですね。

日本は今、心から桜を楽しむ気分にはならないですから、

今年は少し遠くから、静かに桜を眺める・・・それもよいのかも知れません。

 

4月にあるいくつかのハープコンサートでは、もう葉桜になっている所もあるかと思いますが、

その余韻を楽しんでいただけたらと思っています。

 

 

0 コメント

桜からのメッセージ

穏やかな一日となった昨日の日曜は、本当に桜がきれいでした。

 

自宅前の公園の桜↑も満開となり、今日は花びらが舞う中、家の前をお掃除しました。

それでもまだまだ、きれいに咲いています。

あと数日は楽しめそうです。

 

自粛とはいっても、日本人として、桜を愛でる気持ちは、どこにいても同じですし、

寒い冬を乗り越えて、立派に咲いている木の姿は、被災地の皆さんにも

励みになると思います。

 

ここのところの小さな楽しみは、自宅の窓から見える桜を眺めながら、

ハープで「さくらさくら」を練習することでした。

 

あらためて弾いてみると、力強い曲だったのです。

決して「はかない」という印象はなく、むしろ生命力を感じるような、

そんな曲であったことを発見しました。

 

そして、少しお琴っぽく奏でると、なおよいのです。

先日も、以前お琴をなさっていた、というご婦人が、

「昔を思い出しました」とおっしゃってくれましたっけ。

 

西洋の楽器であるハープは、竪琴(たてごと)と書きます。

ハープの曲は、ゆったりする曲が多いですが、

この「さくらさくら」のように、きりっとした曲にもよく合います。

 

Maestoso(音楽用語で「荘厳に」)そして、Risolute「きっぱりと」という

表現がぴったりなのです。

 

今月の私のコンサートでは、そんな力強さを東北に向けて演奏したいです。

 

来年は、日本全国の桜だよりを順繰りに聞いて、

是非日本全体で、一緒に楽しみましょう!

 

がんばろう、日本!

 

 

 

 

0 コメント

まだまだグラグラ・・・

震災から一ヶ月が過ぎましたが、まだ余震が続いております。

しかも震度4とか5の、結構大きいものですね。

 

3月中は、いろんな公演・コンサートが中止となりましたが、

そろそろ4月に入って、落ち着いたかな、と思いましたが、

まだまだそうでもありません。

 

明日の日曜日、Bird & Breezeで出演するはずの、つくばでの演奏会も

急遽中止となりました。

 

何も知らずに衣装選びをしていて、迷って迷って、よし決めた!と

ほっとした直後に、そのお知らせを聞き・・・・。

 

確かに、まだ危険が去ったわけではないのでした。

何ヶ月も経ってから、大きい余震が起きた例もたくさんあるのですね。

人が集まるというのは、危険が増すわけですから。

 

気を取り直し、来週予定されているソロコンサートの練習をすることにしました。

 

被災地にいなくとも、多くの方は不安を持っておられることでしょう。

特にご高齢の方や、お体が不自由な方は、なおさらです。

 

そんな方々の気持ちが少しでも和らぐように、というのが、

私の当面の課題だと思って、取り組んでいます。

 

今月のコンサートに入れている、イギリスの歌『グリーンスリーブス』は、

日本語の素敵な歌詞が付いていて、春の訪れを喜ぶという内容です。

Youtubeで、故本田美奈子さんが歌っていて、早速取り入れました。

 

♪大空に雲はゆき、若草はみどり。足取り軽やかに、人は歌い踊る。

 

かわいい天使たち、花を撒きながら、山越え野をこえて、幸せ運ぶよ。♪

 

これは2番の歌詞なのですが、そうですね・・・

天使ではないながらも、幸せを運びたく、ハープを持って出かけたいと思っています。

 

 

 

 

0 コメント

手と手と・・・

 

今日は、市内の老人ホームで、アフタヌーンコンサートでした。

 

美しい季節の今、「春」をテーマに、春の良い知らせを

運ぶつもりで行って参りました。

 

時折の余震と、まだまだ解決しない原発事故・・・

お歳を召された方にとって、

不安がぬぐい切れない日々であろうと、察します。

 

少しでも気持ちが華やいだら、という願いと共に、コンサートをいたしました。

 

被災地から離れた場所においても、元気が必要です。

そのために、このお役目をいただいていると、思うこの頃です。

 

カラ元気ではなく、本当に日々の生活を喜び、与えられている時間を大切にしつつ、

出かけて行こうと・・・。

そのためには、自らが前向きにならなくてはなりませんね。

 

今日は初めて伺った場所。

先日ドライブしていて、ふと目についた素敵なレジデンス風のホーム。

ハープのコンサートなどいかがでしょうか、との申し出に、大変ご興味いただき、

すぐに日取りが決定しました。

 

皆様、歌や音楽がお好きとのこと。

ハープは初めてなので、とても楽しみにしていてくださいました。

 

春の曲は、本当にたくさんあって、選ぶのも楽しみでした。

特に、今回メドレーで作った、「早春賦〜どこかで春が〜朧月夜〜さくらさくら」は

とても喜んでいただけて、口ずさんでいらっしゃる方が多かったです。

(苦労して作った甲斐がありました!)

 

コンサートはだいたい、50分〜1時間やりますが、皆さん本当に真剣に聴いてくださり、

お疲れではないかといつも気になりますが、今日は元気に「アンコール!」などもいただき、

お楽しみいただけて、本当に嬉しく思います。

 

今日は、終わってから、何人かのご婦人に、「手を見せて」と言われました。

ハープの弦が太くて、力がいりそうに見えたようで(実際いります)、

どんな堅い手をしているのだろうか、と思われたようです。

 

「あら、普通だわ。むしろ柔らかいわね。痛くないの?」と言われ、

次々に「どれどれ」という具合に、手を見せて、皆さんと握手をして、手を繋ぎ、

お話ししたりしました。

 

手と手が繋がり、こうして今、この温かさが東北まで繋がっていくように思いました。

日本全体が、早く元気になりたいですものね。

 

今週は3カ所でコンサートを予定しています。

ささやかな時間ではありますが、音楽でできることを、していきたいです。

ヘッドセットマイク着用で、弾きながら歌っています♡
ヘッドセットマイク着用で、弾きながら歌っています♡
0 コメント

出張 Harp & Afternoon Tea

4月は本当に色とりどりの花が咲いて、美しい季節ですね。

 

私などは、あまりガーデニングに精を出していませんが、

前に植えた球根が残っていたようで、気がついたらいろいろ咲いていたりして、

なんとなく得した気分です。

 

4月は、春の曲、お花の曲などを目一杯集めて、コンサートをしてまいりました。

本日は、今月の締めで、Harp & Afternoon Teaの出張演奏でした。

 

非常に近くのお宅なのですが、ハープの運搬はやはり車、近くても遠くてもです。

素敵なリビングに通され、そちらで8名ほどのご婦人の集まりでのコンサートでした。

 

一般のお宅の場合、マイクは使いませんが、とてもよく響く場所でしたので、

声に力が入りませんでした。

そして、大きな窓から見えるお庭には、奇麗なお花がたくさん咲いていて、

演奏に花を添えていただいた思いです。

 

40分ほどのHarp & Talkコンサートの後、お待ちかねのティータイム。

主催者の方のお手製のアーモンドケーキや、柏餅、フルーツなどをいただき、

しばし、歓談に花を咲かせました。

 

美味しい紅茶もたくさんいただいて、気がつきましたら4時でしたので、

お開きとなりました。私も、楽器その他を片付けなくてはなりません。

 

いつもながら、皆さんに、楽器の重さを気に掛けていただくのですが、本人でないと

取り扱えないものなので、どうしても全部自分でやってしまって、かえって

申し訳ない感じです。恐れ入ります。

 

それにしても、穏やかな良い天気でした。

いつも、雨さえ降ってなければラッキーぐらいに思っているので、

こんな良いお天気は、もったいないくらいです。

 

皆様に見送られて、車で1分半、我が家に到着。そしてまた運び込み・・・。

今までで一番、近くでの演奏でした。

 

ここでちょっと宣伝を。

ご自宅で、Harp & Afternoon Tea の出張演奏をいたします。

 

お誕生会や、記念日、また、ご自宅で療養されている方のために、

一般のご家庭のリビングで、もちろん和室ででも、

アイリッシュハープの生演奏をいたします。

 

畳一畳分のスペースがあれば、どこへでもハープを持って伺うことができます。

 

車を止めるスペースがあることと、一般道で一時間以内の距離でありましたら、

お伺いできます。(千葉県流山市、柏市、松戸市、我孫子市、野田市、など。)

 

いつでもご連絡くださいませ。(インデックスのMail to KIKIからよろしくお願いします。)

 

0 コメント