フィンランディア

シベリウスの「フィンランディア」という曲をご存知でしょうか。

正確には、交響詩「フィンランディア」の中のわずかな一曲で、

「フィンランディア賛歌」と言うようです。

 

歌詞は愛国心たっぷりで、フィンランドの第二の国歌とも言われています。

 

でも、曲調は勇ましい感じではなく、静かな、安らぎを呼ぶような曲です。

「安かれ、わが心よ」という賛美歌の歌詞が、後付けになっています。

 

最近、大変美しくハープ用に編曲された楽譜を手に入れたので、

22弦の小さなハープで、この「フィンランディア」を練習しています。

 

弾くごとに何とも感動してしまい、

この小さいハープを使う時のテーマ曲にしようかと考えています。

 

何台もハープがありますと、それぞれのキャラクターに合った曲が生まれます。

この曲はこのハープじゃなきゃ、という曲が出て来るのです。

 

私の場合、小さいハープは、メッセージ性のある歌の時に使っています。

それは、ハープを膝の上で抱えていることで、楽器との一体感があるので、

深い意味を持つ内容を語りやすいのですね。

 

そういった語りの曲を続けた後、最後に「フィンランディア」で締めたいと思いました。

 

11月のコンサートでは、テーマを3つ用意してあるのですが、

その中の一つに、『さすらいの吟遊詩人』と題するものを入れてあります。

 

これこそが自分自身の真骨頂と思っています。

現代の吟遊詩人でありたいという初心に、いつも戻るようにしたいです。

 

ポップスの中にも、深いメッセージ性のある曲をたまに見つけます。

そういった身近な曲を取り上げて、改めて生で聴いていただくと、

 

「そういう歌の内容だったんですね・・・」

と、関心されることがあります。

そんな時、心に響いてくれたことがわかって、嬉しく思います。

 

震災後、何か安らげるものを、希望あるものを、というリクエストをよくいただきます。

今年は誰もがそう感じ、必要に思っていることでしょう。

 

ヨーロッパでminstrel(またはbard)と呼ばれる、ハープ弾きの吟遊詩人が活躍した

13世紀〜15世紀は、印刷技術がない時代、ニュースが届かない時代でした。

 

今や全てが備わっている時代です。

でも足りないものは、もしかすると昔以上かも知れません。

 

今回発掘した「フィンランディア」は、何よりも私自身に、安らぎを与えてくれました。

北欧の遠い国の曲ですが、一つの空をとおして、どこかで繋がっているように思いました。

 

時代を超えても色褪せないものこそ、本物であるのでしょう。

「フィンランディア」は、弾き続けていきたい曲の一つとなりました。

 

 

0 コメント

クリスマス準備

晩秋のソロコンサートがこれからという時ではあるのですが、

並行して、クリスマスの準備に入りました。

 

早々とshopなどでは、クリスマスソングを流しているところもあって、

長くそのシーズンを楽しみたい、という思いが感じられます。

 

何しろ日本では、25日を境に、お正月飾りやおせち準備にスパッと

切り替えてしまいますからね・・・。

目間苦しい時期でもあります。

 

12月23日〜25日、ここ数年、柏市にあるイタリアンレストラン、マニカリートさんの

クリスマスディナーライブのプロデュースをしています。

 

もうこちらとは、10年来のお付き合いになります。

アットホームで、落ち着けるレストランです。

 

クリスマスは、レストランのシェフにとって、一年の集大成ですね。

きっと、メニューをあれこれ考えておられることでしょう。

私もこちらで、この一年を締めくくることになりますから、同じ意味で集大成です。

 

というわけで、ディナーと音楽のコラボレーションになります。

 

今年は、クリスマス期間が3連休となりますので、

私も一日だけ、クリスマスを味わわせていただくことにして、

25日は、別の方にお手伝いをお願いしました。

 

それは、

Shamrockの相方! 伊津野志保さんと、幼なじみの藤村かのこさんのデュオ、

"Baa Baa Baa" です。

 

私も以前一度、彼女らのライブを聴きに行ったことがありますが、

メチャクチャ上手、そして楽しいデュオです。

 

ものすごく音楽の幅が広い方たちで、普段はオペラなどを歌う志保さんも、

このユニットでは、ポップスやジャズ、ボサノバなどを聴かせてくれます。

Baa Baa Baaのクリスマスはどんなでしょう? 楽しみです。

 

そして、23日、24日は、KIKIのソロとなります。

今年は何をやらせていただこうか・・・まだ白紙ではありますが、

徐々にイメージができて来ると思いますので、後々・・・。

 

ああ、それにしても、一年の早いこと。

こういう仕事をしていると、季節を先取りしていくので、

なおさらなのかも知れません。

 

そうなのです、まだ今は紅葉のきれいな季節。

気持ちの上では、もう少し秋を持続させて、

頭の片隅には、クリスマスを描く、そんな状態です。

 

マニカリートさんとは打ち合わせも済み、

フライアー(チラシ)も出来上がりました。

 

ディナーは予約制ですので、ご希望の方はホームページからKIKIにご連絡ください。

人数分のソフトドリンクをサービスいたしますよ。

 

昨年のマニカリートでのクリスマスライブ
昨年のマニカリートでのクリスマスライブ
0 コメント

素朴な音と共に

日中暖かい日が続いていますが、やはり11月ともなると、

朝、晩は冷え込みますね。

 

年に二回ぐらい風邪を引く傾向にありますが、先週後半はそれでダウン。

4、5日休養しておりました。

 

でも、晩秋のコンサートシリーズはすでに始まっております。

日ごとに紅葉の深まりを楽しみつつ、ドライヴして出かけています。

 

今回から一つ、小さな楽器が仲間入りしました。

それは、コカリナという笛です。

 

オカリナに似た音ですが、木でできているので、「コカリナ」と

命名されたそうです。

オカリナよりももっと温かい音がします。そしてとっても素朴な音です。

 

元はハンガリーの民族楽器だったとか。

その後日本で開発されて、密かに普及も進んでいるようですね。

 

いろいろなコカリナのサークルも全国にあるようですが、

私は、楽器だけ入手して、勝手に個人的に使うことにしています。

 

どのように使うかといいますと、もちろん吹きながらハープは弾けませんので、

素朴な曲(唱歌など)の前奏にコカリナを吹いて、

すぐハープに持ち替える、という使い方です。

 

コカリナは小さいものですし、首にかける紐も付いていますので、

そういう早業が可能なんです。

 

ソプラノ、アルト、バリトン、とありますが、

キラキラしたアイリッシュハープには、落ち着いた音の方が合うので、

私はバリトンにしました。

 

指は簡単、音も吹けばすぐ出ます。

 

ところが! です。

ものすごいピッチ(音程)・・・というか、一つの押さえ方で、音の幅がとても広くて、

一音+前後半音の幅があるのです。

(つまり「ド」」と吹いても、「シ」も「ド♯」もあるのです。)

 

最初、冗談かと思ってしまいました。

フルートでもリコーダーでも、正しく息を入れれば、平均率でA=440〜442hzの調整に

なっているのが普通ですから。

 

聞くところによると、バリトンコカリナは、ソプラノなどに比べて

さらにピッチコントロールが難しいようです。

 

以前フルートを吹いていたので、指さえ覚えれば簡単、

と思っていた考えは、みごとに打ち砕かれました。      

構造上こうなっているのか、まだ開発の余地があってこうなのか、は不明ですが・・・。

 

そしてその指使いも、標準のものを頼るのではなく、

どんどん自分で指使いを開発する必要がありそうです。

頭も使うってことですね。

 

想定外の労苦が伴うことになりましたが、

音作りが奏者に任されている、というのでしたら、かえって面白いかも知れないです。

 

この数週間、未知なる楽器を前に、「???」や「!!! 」の連続でしたが、

今回のコンサートシリーズで、何事もなかったかのように、採用させていただきました。

 

「埴生の宿」の前奏をコカリナで吹いています。

なんというか、木造校舎の小学校を思い出すような感じで、なかなかよいです。

 

そういえば、ジブリの曲にも合いそうです。

吹いていると、トトロにでもなったような気分がします。(トトロはオカリナを吹くらしい?)

 

そのようなわけで、晩秋〜クリスマスまで、このかわいらしい楽器もお供に、

皆様のところにハープを持って参ります。

 

クリスマスでは、イギリスの古いキャロルにコカリナを使う予定です。

羊飼いになったような気分に、なれそうな気がしています。   

 

バリトンコカリナ、わずか11cmです。木の香りがします。
バリトンコカリナ、わずか11cmです。木の香りがします。
0 コメント

アドベントを前に

大昔のクリスマスツリーはこんな感じだった!
大昔のクリスマスツリーはこんな感じだった!

11月を駆け巡っておりましたが、本日はその締めくくり、

今月最後のコンサートでした。

 

今度の日曜日から、教会歴では「アドベント」という

クリスマスを待ち臨む期間に入ります。

 

そのアドベントを前に、大変ご近所の教会で、

アイリッシュハープの演奏をさせていただきました。

 

こちらの教会は、江戸川台教会(日本キリスト合同教会)

といいまして、私がゴスペルのワークショップに参加して、

お世話になっている教会です。

 

江戸川台教会の皆様や近隣の方のために、アドベントの

静かなひとときにアイリッシュハープを聴いていただいて、

皆でクリスマスの賛美歌を歌いましょう、

という、牧師先生のお計らいで、この会が持たれました。

 

 

 

 

私自身も、この集いをとても楽しみにしておりました。

 

皆さんアイリッシュハープは初めてなので、

ハープの故郷、アイルランドやスコットランドの曲を中心に、

クラシック曲や賛美歌など、お話を交えて、40分ぐらい演奏しました。

 

コンクリート造りの教会なので、とても響きがよくて、

無駄な力が入りません。

歌の曲もマイクなしで歌うことができました。

 

今回は、ケルト地方を代表するような曲を選びましたが、

並べてみると、本当に朗らかな明るい曲が多いのですね。

 

コンサートとしては、少しばかり陰りを入れたいと思って、急遽選びましたのは、

イングランド代表、「グリーンスリーブス」でした。

 

この曲は、クリスマスキャロルとしても有名です。

メロディーは16世紀に作られているので、ルネッサンス時代の響きが

いたします。

 

そして、どんよりしたイギリスのお天気が目に浮かぶような曲調ですが、

このアンニュイな感じが、なんともイギリスチック。

私の好きなキャロルの一つです。

 

クリスマスキャロルというのは、一年に一度、引き出しにしまっていたものを

出して眺める、宝物のような存在ですね。

これからクリスマスまで、そんな曲に囲まれるので、楽しみな季節です。

 

コンサートの後は、ハープの伴奏で、皆さんにクリスマスの賛美歌を

歌っていただいて、その後に牧師先生のショートメッセージを聞きました。

 

上の写真にあるクリスマスツリーは、昔々のクリスマスツリーだそうで、

現在の華やかなものとはかなり違います。

 

もみの木に付けられているのは、リンゴだったそうで、それは、

アダムとイブが、エデンの園で食べてしまった実を意味しているそうです。

 

その実は、つまり人の欲から出た「罪」を表すもので、

それをどうすることもできない人間のために、キリストが降誕したので、

本来はそこにクリスマスを祝う意味がある、というお話でした。

 

そのツリーに付けられているのは、リンゴの形をしたオーナメントでしたが、

なるほど、現代のクリスマスツリーにも、赤や金銀の丸いものが付いているのは、

そのリンゴのイメージがあったのですね。

 

オーナメントはきれいだけれど、それはなんと、自分の罪を覚える(気付く)ためだった、

という、深いお話でした。

 

今年は日本にとって、あまりにも悲しく、辛いことが多い年ではありましたが、

被災地の方々の上にも等しく、アドベントの祝福がありますように、という

牧師先生のお祈りで、会が閉じられました。

 

終了後は、教会の皆さんがご用意くださったティータイムとなりました。

手作りのケーキやおいしいお茶のひととき、いろんな方ともお話できて、

すっかりアットホームな気分。

 

まだまだゆっくりしていたかったけれど、陽も落ちて参りましたので、

牧師先生ご夫妻と記念撮影をして、ハープを片付けて帰りました。

 

今日は皆さんに楽しんでいただけたようなので、嬉しく思いました。

そして私も、本当にゆったりするひとときを過ごすことができて、

明日に向かう活力をいただけたように思います。

 

江戸川台教会の皆様、ありがとうございました。

 

さて、これからクリスマスが始まります♪

 

坂井牧師先生ご夫妻と
坂井牧師先生ご夫妻と
0 コメント

ゴスペルクリスマス

早くもクリスマス関連のコンサートが始まります。

こちらは、私が参加しているゴスペルクワイアのコンサートです。

 

この11月は、とても忙しかったので、ほとんどクワイアの練習に出られませんでした。

練習は土、日ですので、自分の出張演奏と重なることが多かったのでした。

 

でも、先日やっと参加することができて、なんとか本番にGoとなりました。

ニューヨークから帰国中のスペシャルゲストのバックコーラスに参加です。

う、うれしい・・・。

 

コンサート収益は、東北の被災地へのチャリティーとなります。

内容も盛りだくさんですので、よかったらいらしてくださいませ!

 

 

0 コメント