ハープ & ソング コンサート

先日、グループホームと呼ばれる所で、初めてコンサートを

しました。

 

一軒の大きな家に、少人数のご高齢の方が住んでいて、

ヘルパーさんや介護福祉士の方が常駐している、ホームです。

 

←この素敵な看板は、皆さんがコンサートのために作って

用意してくださったものです。(毛筆の字も!)

 

聞くとところによりますと、皆さんは、全員が認知症で

いらっしゃるということです。

 

 

でも、音楽が大変お好きで、このコンサートを待ちわびていてくださったと聞いて、感無量です。

 

当日は、どういうプログラムにしようかと思っておりましたら、

「普通の大人向けで」ということでしたので、

敬老の日のプログラムをそのまま変えずに、組みました。

 

イントロ当てクイズ、なんかもやるのですが、皆さんご参加くださり、

一人の方が、ばっちり当ててくださいました。

 

私がハープで伴奏して、皆さんが歌う場面では、とてもお上手に、歌っておられました。

きっと、ホームでも毎日歌っていらっしゃるのですね。

 

一つだけ、他の場所と違うことを感じたのは、

演奏だけよりも、歌が入った方が、皆さんの感性を刺激するようです。

 

それがたとえ英語であっても、です。

歌が入ると、皆さんが引き込まれていくのがわかるのです。

もしかすると、言語は何であってもよいのかも知れないです。

 

声を聴くことは、安心に繋がるのでしょうか。

人の声には、聴覚に作用する何かがあるのかも知れないです。

 

高校時代、フォークソングクラブという所にいて、弾き語りをしていました。

 

今、楽器はギターからハープに変わりましたが、

やっていることは、当時の再現のようでもあります。

その経験がなかったら、このスタイルにはならなかったでしょう。

 

以前は、ハープの演奏が8割、歌は歌詞の紹介として、ご愛嬌でやっていました。

BGMでしたらそれでよかったのですが、福祉施設では、本当に皆さん真剣に、

耳を傾けてくださるのです。

 

試行錯誤を繰り返し、だんだんきちんとしたコンサートになっていくうちに、

そこにテーマとメッセージ性が、加わっていくようになりました。

コンサートが一つの物語りとして流れるように、演奏し、歌い、話す、という3本柱です。

 

歌の勉強のために、ゴスペルグループに参加するようになってから、

アイリッシュハープには、自然な声の発声でよいことがわかりました。

ハープの音に声が溶け込むように・・・そういう語り掛けを目指していきたいです。

 

先月は、いろいろな場所での敬老祝会に呼んでいただいて、コンサートをしましたが、

与えているようであって、実際は与えられることの方が多い日々でした。

 

今、そのことを振り返って、ハープ演奏と弾き語りのスタイルをさらに確立したい、

中世の吟遊詩人が、メッセージを伝えるために、ハープを弾いて旅したように、

何か伝えていけることが、あるのかも知れない、と思いました。

 

そんな想いと共に、このホームページに、「ハープ&ソング コンサート」のご紹介欄を設けました。

 

いろいろな場所に、出向いていきたいと思います。

そして、いろいろな方の、たくさんの笑顔に出会いたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

0 コメント

ハープのお嫁入り

 

クロスハープを手に入れてから、アイリッシュハープは小型のものを

演奏することが多くなってきたので、大型のアイリッシュを

手放すことにしました。

 

見た目、一番豪華なハープです。

クラシック系のハープで、ソロの曲の基礎を積んだハープです。

12キロと、とてもしっかりしたものです。

 

自分の音楽のスタイル、ポータビリティを考えると、たぶん今後、

この大きなアイリッシュは、弾かなくなるだろうことを予想し、

楽器生命が最大限に用いられるために、お嫁に出すことを決心しました。

 

 

楽器は弾いてこそ価値があるものです。家に飾るものではありませんから。

 

弾かない期間は、できるだけ短くして、次の方に渡すのが、楽器のためでもあります。

演奏者はそうあるべき、という美学を、私は持っています。

 

ということで、早いうちにお譲りしたいと思いました。

 

さて、楽器売却にはいろいろな方法があります。

 

 

①買った所に買い取ってもらう。

 

これは無茶苦茶損です。

安く買い取って、ちょっとメンテナンスして、そこで高く売るのです。

買う方も、余計にお金を払うことになります。

 

 

②知り合いに譲る。

 

ハープの人口って少ないですし、そうそう欲しい人もいません。

「ハープいりませんか?」って聞かれたら、びっくりしますでしょう?

 

 

③ネットのオークションや楽器売買掲示板に出す。

 

日本全国から問い合わせが来てしまいます。後々トラブルも多いと聞きます。

できればうちに直接来て、弾いてみて、納得した上で、ご自分の車に乗せて、

大切に持ち帰ってほしいのです。

 

 

そのように考えた結果、東京近郊のハープの先生やお教室の何軒かに、

写真を添付してメールを出してみました。

 

そうしましたら、なんとすぐに、神奈川県でハープを教えて、演奏している

ハーピストの方からメールが来ました。

 

グランドハープをお弾きになるので、アイリッシュハープは

持っていらっしゃらないのかも知れません。

遠いのにも関わらず、この週末に見に来てくださる、ということになりました。

 

よく中古品だと、何年も弾かないで放置して、いよいよ手放すものが出回ります。

でも、私のはずっと弾き続けていたので、状態がとても良いのでした。

 

お弾きになって、それをよくわかってくださり、すぐに商談成立です。

なんとも嬉しいこと。大切にしていたハープの将来が、明るく輝きました。

 

実際に試奏なさって、ご自分で持ち帰っていただくという、願ったとおりの引き渡し方法です。

その上、プロのハーピストでいらっしゃる・・・。

 

きっと新しい場所で、また新たな素敵な音を響かせてくれることでしょう。

 

ハープのお嫁入り、本当にすぐに嫁ぎ先が決まって、花嫁の母としては、

ほっと肩の荷が降りました。そして良縁に恵まれ、何よりです。

 

私もまた、一つ一つのハープを大切にして、その魅力を最大限引き出せるように、

がんばりたいと思います。

 

 

0 コメント

音信不通でした

10月の頭まで、とってもハードなスケジュールだったので、

それ以降は、ゆる〜く過ごしておりました。

 

新たに楽譜を調達したり、それを編曲してみたり、

11月の打ち合わせをしに伺ったり、久々のお友達とランチをしたり、

ゴスペルで思いっきり歌ったり・・・

 

期限がないことをする分には、気持ちもゆったりできますね。

たまにはそういう時を過ごすのもよいです。

 

そんなまったりした折に、パソコンが故障してしまいました。

直前になんとなく焦げ臭いにおいがして、その後いきなりブチっ!!

 

もう動きません。

修理もだめですって。

 

その間、なんと不便だったこと。

出かけたい場所のmapも見ることができず、

位置関係が全くわからないという・・・。

 

スマートフォンとかあればいいのですが、私は完全に自宅パソコンに頼っていたので、

これが動かないとどうにもならないのでした。

 

とりあえず、臨時に別なものを調達しまして、メールやインターネットが

繋げる状態にまでなりましたが、

 

その間、メールをくださった方、お問い合わせくださった方、

大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

もう大丈夫ですので、ご安心を。

 

予期せぬことって、起こりますね。

でも、この程度でよかったと思わないといけません。

 

さて、まだまだ秋はこれからです。

11月に向けて、出発〜

 

0 コメント