2011年の始まりに

早くも2011年が始まっています。いかがお過ごしでしょうか。

 

クリスマス→年末→お正月と、なんとも目まぐるしかったこと。

この展開の切り替えが、難しいです。

(欧米ではクリスマスは、1月6日まで続きます。いいなぁ、それって。)

 

そして、年が明けて少し経った今、ようやく自分自身のholidayとなり、

休養しつつ、今年の演奏計画を立てたりしております。

 

まず始めましたのは、楽譜の整理をして、1月のコンサートの準備のために、

新曲を選ぶことにしました。

 

出てきました・・・あれもやりたい、これもやりたいと。

今年は、クラシックの歌曲の弾き歌いにも、挑戦していきたいです。

 

まず着手したのは、バッハ/グノーの ”アベ・マリア”です。

実はこれは、昨年、出来上がっていたにもかかわらず、本番直前で諦めた曲なのです。

それは、あまりにリスクが大きかったので。

 

曲としては、平均率クラヴィーアの第一番で、これをピアノで弾くには、

何ということもない曲なのですが、アイリッシュハープでは半音操作が半端ではなく、

相当に難しくなってしまいます。

 

それに歌をプラスするなどというのは、たぶん前人未到の領域に達する(いえ、決して

オーバーではなく)、と思いますが、今年はどうしてもやりたいと思っています。

 

歌もかなり難しいです。最初の「ア〜」から難しいです。

この音を出している段階で、本当に嫌になってしまうくらいです。

 

でも、このアベ・マリアは、声楽専門の方が歌っても、恐らく難しい曲だと思います。

ですので、声楽的にはもちろん歌わないです。(というか、歌えないです。)

もう少し個性的にしようと、思案中です。

(矢野顕子さん風もいいかな???)

 

あと、ララバイ(子守唄)をそれらしく弾き歌いしたいです。

ハープにララバイはとても合いますが、演奏だけだと、聴いている方が本当に

眠くなってしまいそうなのです。(特に年配の方には!)

 

KIKIのコンセプトとしましては、心地良く聴いていただくことが目標で、

本当に寝てしまわれたら、努力の甲斐がないので、その境界は超えない程度に心地良く、

という微妙なところにいなくてはなりません。

 

いろいろ探しているうちに、バッハやヘンデルの新譜が集まって来ました。

オンブラ・マイ・フもいいですねぇ。

やはり、ゆったり系の美しい旋律のものを手がけていきたいです。

 

それから、昨年は、ハープのインストの曲を4曲ほど作りましたが、今年は、できれば

歌詞も付けて、弾き語りにしたいです。

 

そんな風にやりたいことがたくさんあると、頭も休まりませんから、

休養というところまでは行きませんが、切羽詰まった状態でなく、

何も考えずに、気ままに弾くハープというのも、楽しいものです。

 

そのようなわけで、今年、どんな風にKIKIを展開していくか、

まだ未知なところもありますが、自分自身もとても楽しみにしています。

 

できるだけいろいろな所に出向いて、コンサートをして、多くの方に出会いたいと

思っております。

Harp by KIKIをどうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

 

0 コメント

音楽と言葉

この一月から、バッハのドイツ語の曲、ヘンデルのイタリア語の曲を

楽しみつつ練習しています。

 

日本語に訳した歌詞を乗せたりする場合もありますが、

やはりオリジナルの言葉でないと、しっくりいきませんね。

音楽と言葉には、密接な関係があるからだそうです。

 

言葉の持つリズムや、イントネーションを元に、

それぞれの国の音楽が、発展していったようです。

確かに、それはうなずけます。

 

ドイツ語は、学生時代の第二外国語として選択していました。

当時は苦労したので、あまり好きではなかったのですが、

やはりバッハの音楽には、ドイツ語が本当にマッチしていると

思いますし、今ではその響きが好きです。

 

イタリア語は、とにかく明るいですね。

サンサンと太陽の光を浴びた、トマトを連想します。

イタリア料理のバックには、カンツォーネがいいですネ。

 

ラテン系で好きなのは、ポルトガル語です。

ボサノバを聴くと、なんだかくつろげます。

あの、ふわふわした、力の抜けた言葉の雰囲気は、

軽快なボサノバのリズムにぴったりです。

歌う、というより、語りかける感じですね。

 

日本語はどうでしょう?

やっぱり唱歌などを歌うと、日本語の美しさを再確認します。

特に文語調はいいですね。奥ゆかしいです。格調があって。

それに季節感がある曲が多いですね。

 

今月のデイサービスでは、冬の歌をメドレーに編曲をしたものを

プログラムに入れる予定です。

♪たき火〜ペチカ〜ゆきやこんこん〜冬景色 などなど。

 

この前驚いたのですが、今の子供たちは、こういう歌を知らないようなのです。

学校の教科書に出ていないらしいのです。

 

ですので、今、ドリフターズのコントの♪からす、なぜ鳴くの〜をやっても、

子供は一緒に歌ってくれないんですね・・・。

 

私の知り合いに、『わらべうた』を研究している方がいるのですが、

逆にそういったものは珍しくて、今の子供達の間で受けるそうですよ。

やはり遺していきたい、伝えていきたい文化のひとつですね。

 

ご高齢の施設では、唱歌が本当に喜ばれます。

そして、文語調の歌詞は、私などよりも、皆さんの方が詳しいです。

皆さん、歌詞を本当によく覚えていらっしゃるので、感心します。

 

私たちが年を取ったら、どんな歌を歌詞カードなしで歌えるでしょう?

そして、もしそういった施設にお世話になったら、訪問に来てくださる音楽家の方に

どんな曲を演奏してほしいでしょうか?

 

ユーミン? それともサザンでしょうか?

ビートルズ、という方もいるかも知れませんね。

今は音楽も多様化しているので、共通の好みというのは少なく、

将来の音楽家の方たちは、困ってしまうでしょうね。

 

私は・・・マイケル・ジャクソンを踊り付きで、物真似してくれる人が

来てくれたら、なんて思っています。(笑)

 

今のうちに、たくさん歌を覚えて、年を取っても、音楽を聴いたら、

すぐ歌詞が出て来るようにしたいです。

そうできたなら、きっと楽しく暮らせるような気がいたします♪

 

 

0 コメント

雪・・・

日曜の朝、起きましたら、なんとなく外が白いではありませんか。

やはり降りましたね、雪。本当に寒かったですからね。

 

ここのところずっと恐れておりました。

雪が降った日にハープの仕事があったら・・・。

 

今日は幸い違いましたが、昨年のバレンタインデーに

レストランでお仕事した時には、ばっちり雪が降りました。

 

その日の道路に凍結はなく、普通に車を出しましたが、

なんとなくヒヤヒヤでした。

 

今年は、これから何回か雪が降るのでは、という気配がしまして、

いざという時のために、チェーンを買うことにいたしました。

 

5,000〜6,000円ぐらいかしら、と思いましたら、

なんと、2万円近くするではありませんか!

スキーに行くわけでもないのに・・・なんだかすごい出費です。

 

チェーンといいましても、昔式のではなく、プラスチック製で、

車を移動したり、タイヤを持ち上げたりせずに、簡単に装用できるものです。

本当に簡単???

 

タイヤを前に、店員さんにデモンストレーションしてもらって、

次に自分でもやってみました。

うわゎ、難しい・・・

 

「実際にはここに軸がとおっていて、中を覗き込んでやらないとならないんですよ。」

「実際には、もっと力がいるんですよ。」

 

はぁ・・・(一気に自信を失う私。)

でも仕方ないので、これを買いました。

 

「使わなかったとしても、返品できませんからね。」と念を押され・・・。

 

なんとかこれを15分以内で装着して、出かけられるように練習しなければ・・・。

たぶん、いきなりやったら、1時間ぐらいかかりそうです。

かかっても、取り付けられればよいのですが。(ものすごくハードルの低い話で恐縮です。)

 

でも、これさえできれば、雪の日も安心して、ハープを乗せて行けそうです。

暖かい日の昼間にでも、道路に車を出して、練習しましょうっと。

 

 

 

 

0 コメント

ホームコンサート

「Harp & Afternoon Tea」という、コンサートを

KIKI宅で開くことになりました。

 

 私のハープ演奏付きアフタヌーンティーで、

午後のひとときを、ゆったりと過ごしていただく、

という会です。

 

去年ぐらいから、来年はホームコンサートをやりたい、と

思っていましたが、こんなに早く実行できるとは、思いませんでした。

 

2月初旬ぐらいまでは、日程的に余裕があるので、

やるなら今しかなかったのですね。

寒い中、来る方の迷惑を顧みず、この企画を進めてます(^o^)

 

招待状も作りました。

お誕生会みたいで、なんともわくわくします。

 

最初はオープンハウスにして、お散歩途中の方もWelcomeにしようかと

思いましたが、初めてなので、ちょっとその勇気はなく。

 

徒歩圏(つまりご近所)で、平日ご都合のよい知人を対象に、  

サプライズの招待状を配りました。

 

そして、すぐ皆さんからお返事が続々。

「嬉しい♡」「超楽しみ!」「絶対行く!!」などなど。

 

10曲ぐらい、30分のミニコンサートを考えています。

まだ選曲途中ですが、待ち遠しい春を思わせるような、

明るく、フローラルな曲も是非やりたいです。

 

お茶はそれに合わせて、フラワー系のフレーバーかな?

ケーキはホームメードですね、もちろん。

何を作りましょうか。

 

それと、お掃除しなきゃ。

ふむふむ、家がきれいになる良い機会ですな。

 

それにしても、アフタヌーンティーの準備が、こんなに楽しいとは!

これを機に、KIKIのティールームが開店、なんてことになったりして。

 

でも、この地域は居住オンリーの地域なので、商業的なことはできません。

(内緒でパン屋さんやってる人もいるようですが・・・。)

なので、知る人ぞ知るティールーム、だったらなんとか???

 

不定期にでも、こんなお店をやれたら・・・と、夢は膨らみます。

そして季節に合わせた曲を選曲して、イメージに合わせた紅茶を選んで・・・。

 

なんだか、企画する側の方が癒されます。

本当に、思いがけない楽しみを発見いたしました。

 

一足早い春をプロデュースしたいと思っております。

 

 

 

 

0 コメント