使用楽器のご紹介

♪Stoney End 'Brittany' 

(ストーニーエンド社、ブリタニー)

 

22弦で、膝に乗せて弾くタイプのハープです。

アーリーミュージックプロジェクトさんにお願いして、アメリカのミネソタ州の工房から購入した、一番最初のハープです。

 

重さは5キロぐらい。小さいけれど、意外と音にパワーがあって、これだけでもソロの弾き語りコンサートができるので、電車での出張コンサートのメインです。

 

まろやかで深い響きをしていて、古楽曲などにも発揮できるハープです。

弦の張りの強さは、グランドハープと同じで、弾くのに少々力がいりま                  す。クラシック奏法が必須です。

 


 

♪Dusty Strings 'FH26'

 

アメリカ、シアトル州にある、Dusty Strings社から個人輸入した、

感激の一台です。

 

26弦なので、小型の部類に入りますが、8キロほどあって、見た目よりもしっかり者で、タフです。車での移動でのみ、使用しています。

 

透明感あるケルティックな響きがしますが、クラシック曲にも合うので、

工夫をすればちょっとしたソロの曲も弾けます。

 

今までにこのハープから、たくさんのイマジネーションが生まれていて、                         作曲の時にはこのハープを使用しています。     

 


♪クロスストラングハープ(Xythia、52弦)

 

アメリカ、コロラド州のDwight Blevin氏作。

個人輸入しました。

半音弦がクロスして張ってある、クロマティック

ハープです。起源は、スペインのバロック時代にあり、

かなりレア物です。

 

このハープは、臨時記号の際にレバーチェンジ

(半音操作)せずに、弾くことができるため、

大変便利なのですが、奏法が普通のハープと

                                                  異なり、運指も難しいです。頭を切り替える必要があります。

 

 でも、このハープのお陰で、これまでにお蔵入りした、

バロック曲などを復活させることができて、

私の音楽の幅が広がりました。

 

アイリッシュハープではできないことができる、

頼もしいハープです。

 

重いのであまり持ち出していませんが、ファーストアルバム「Gentle

Breeze」にも一曲収録しております。


♪Stoney End ' Eve' 

(ストーニーエンド社、イブ)

 

アイリッシュハープの中ではとてもポピュラーで、

プロの方の多くも、このイブをお持ちです。

 

同じストーニーエンドのブリタニーの妹分で、

こちらも膝の上に乗せて弾きますが、

よりコンパクトで、ギター感覚で弾ける

気軽さがあるので、アウトドア演奏にも

気軽に持ち運べます。

 

初めてアイルランドへ行った時には、

このハープを持参しました。

指先で軽くはじく奏法のハープなので、

指への負担が少ないですが、

音量はやや小さめです。

 

コンサートではピックアップマイクを付けて演奏しています。

 装飾音がきれいに弾けるので、ケルト音楽向きです。


 ♪コカリナ(バリトン)

 

笛です。オカリナのような音がしますが、木製なので

コカリナと名付けられています。

 

吹きながらハープは弾けませんが、牧歌的な曲の前奏に使っています。

 

音も見かけも可愛らしいですが、

                                                                  ピッチコントロールが難しい、意外に玄人向き。

                                                                  でもなかなか味わいがあります。


 

 ♪アイリッシュ・ティンホイッスル

 

アイルランドを紹介する上で、ご当地の笛、

ホイッスルも最近登場させています。

哀愁感漂う独特な音がします。

 

やはりケルト音楽にピッタリなことは、

言うまでもありません。

アイリッシュ特有の装飾音など、いろいろな奏法があって、奥が深いです。

 

アイルランドの方は、上着の内ポケットに潜ませていて、パブなどで気軽に出して、

セッションしています。遊び感覚で吹ける楽器、楽しい笛です。


  ♪コンサーティーナ

(アングロ、30鍵)

 

2014年の秋に渡愛した際に手にした、アイルランドの

伝統楽器、ボタンアコーディオンの仲間です。

 

単独で弾かれるよりは、他のアイリッシュ楽器とのセッションの中で、主旋律として弾かれることが多いです。

 

 

一つのキーを押すのと引くのとで、音が違います。

軽快なチューンによく合い、明るい音、そしてどこか懐かしい音がします。


 

 

                      © Harp-by-KIKI 2018 All Rights Reserved.